HOME » ペニス増大 » 短小克服

あなたのその短小を克服する方法を伝授!もうこれで恥かしくなることはありません!

短小克服

2015年07月01日  

49fa974bfd9f08bb5d3a5ec7b837d08a_l

短小の後天的な原因を2種類紹介した上で、克服方法と注意ポイントについて説明します。

肥満傾向にある人は短小になりやすい

短小には「生まれつき」というケースが少なくありません。
ただ、後天的な理由で短小になってしまううこともあるのです。
その代表的な原因が「肥満」。
なぜ太っていると短小になってしまうのか、それは海綿体の構造を考えるとわかります。
海綿体には体の中に埋もれている部分と外に出ている部分があります。
太っているとペニスの付け根のところにも脂肪がついてしまいます。
そのため、外に出ている部分の根元のところが脂肪に埋もれ、本来の長さより短くなってしまうというわけです。

使わないとペニスは縮む?

もう1つは、使わないことで萎縮してしまうというケースです。
人間の肉体はすべからく、使わないでいると衰えてしまうことはよく知られているでしょう。
ペニスも同じです。
コンプレックスがあってセックスを遠ざけてしまったり、オナニーもほとんどしないという男性のペニスは充血度が低下し、その結果サイズも縮んでしまうのです。
ですから、できるだけ長時間勃起させ、刺激を与えることが、この原因による短小の克服法ということになります。

器具を使ったペニス増大方法

おすすめしたいのが、器具を使った克服法です。
器具のタイプにはポンプ式の吸引タイプや引っ張り式のもの、さらにパワーアップ磁石がついていてサイズアップ効果のある包茎克服リングもあります。
もっとも一般的なのがポンプ式で、さまざまな商品が出ていますので、サイトをチェックし、口コミなども参考に選ぶといいでしょう。

睡眠時間を十分にとって生活習慣を整える

短小を克服するには生活習慣の見直しも必要です。
先ほどと説明したとおり、できるだけ頻繁にペニスを使うことが短小克服につながりますが、そのためには勃起力を維持、向上させなければなりません。
ですから、EDの原因となる喫煙習慣、運動不足などは改めたほうがいいでしょう。
また、ペニスの生育に関係する男性ホルモンは眠っている間にたくさん分泌されますから、じゅうぶんな睡眠も不可欠な要素になります。

まとめ

ここでは、多くの男性が悩む短小について、その後天的な原因と、おすすめの克服方法をお話ししました。
短小は男性にとってもっとも恥ずかしい悩みといっていいでしょう。
そのために、人には話せず、お医者さんに行くこともできず、一人悩みを抱えたまま、何も対策を講じないというケースが少なくありません。
繰り返しますが、使わないでいるとペニスはますます萎縮してしまうのです。
まずは生活習慣を見直し、肥満の人はダイエット、そして器具によるトレーニングを試してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲