HOME » ペニス増大 » ペニス増大の方法

ペニスを増大するマッサージ!使わないで萎縮してしまったそのペニスを増大します!

ペニス増大の方法

2015年06月27日  

1da4c6f27b19a4ae1fe2f42e30058265_l

使わないことにより性機能全体が衰える

ペニスにコンプレックスを持っていると、どうしてもセックスを敬遠しがち。
しかし、それがペニスのサイズアップを妨げるだけでなく、いっそう萎縮したペニスにしてしまうことをご存じでしょうか。
そう、使わないでいるとペニスが委縮し、性機能全体にも悪影響を及ぼしてしまうのです。
人間の体は使えば使うほど鍛えられることは常識と言っていいでしょう。
だからこそ、スポーツ選手はトレーニングによって必要な筋肉を鍛えるわけです。
ペニスも体の一部である限り、同様です。
使わないでいるとペニスはさらに委縮し、勃起力や射精力も衰えてくることを認識しましょう。

亀頭マッサージ

ペニスを増大させるマッサージはいろいろありますが、ポイントは「亀頭」。
いくら数字上のサイズアップが実現できたとしても、幹部分だけが大きくなったのではあまり意味がありません。
亀頭が大きくなってこそ、真のサイズアップということができるのです。
温マッサージやジェルティング、ミルキングなど、マッサージ方法はいくつかあります。
もっともかんたんなのは、完全に勃起させた状態で、亀頭を手のひらでこする方法。
ローションを使うとやりやすいでしょう。
特に仮性包茎の人は亀頭の刺激に弱く、そのため発育不全になちがちです。
最初は刺激が強すぎるかもしれませんが、無理のない範囲で亀頭マッサージを続けてください。
マッサージによるペニス増大の必要条件は「継続」なのです。

ストップ&スタート

マッサージ以外に、もう一つ手軽な方法があります。
それは「ストップ&スタート」という方法。
オナニーの際、射精寸前のところで手の動きをストップし、少し時間をおいてから再スタートするのですが、多くの人が無意識のうちにオナニーで用いているやり方ではないでしょうか。
これをオナニーのたびに複数回繰り返しましょう。
「射精寸前」というのはペニスに血液が最大限集中した状態です。
それをできるだけ長く維持し、なんどもそれを繰り返すことによって、集まる血液の量が増量し、結果サイズアップにつながるというわけです。

まとめ

ここでは、「ペニスは使わないでいるとさらに委縮し、性機能そのものまで衰えてしまう」という前提のもとに、ペニス増大のための実践方法を紹介しました。
コンプレックスのためにセックスの機会を遠ざけると、さらに深刻なコンプレックスを生むという、いわば「負のスパイラル」から脱出するためには、ペニス増大を必現する必要があります。
誰でも手軽にできますから、上記の方法をぜひ試してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲