HOME » ペニス増大 » 食べ物でペニス増大

ペニス増大効果がある食べ物とは?男性陣の強い味方です!

食べ物でペニス増大

2015年06月18日  

210b0b614ebda0f1917ce338d90b3cc8_l

ペニス増大に必要な栄養素

ペニス増大のためにはいくつかの栄養素を意識的に摂取することが大切です。
まずは、「アルギニン」。
アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す効果とともに、男性器の生殖器機能を高める効果があります。
特に勃起力の強化には定評があり、精力剤には必ず含まれていると言っても過言ではありません。
次に、「亜鉛」。
亜鉛は貝類に多く含まれるミネラルで、タンパク質の合成にも欠かせない物質で、精子を作り出すことにも一役買っています。
つまり、精力の増大によるペニス増大が望めるのです。
そして、「シトルリン」。
シトルリンには血管を広げる、血管拡張作用があります。
血管が広がるとそこに流れ込む血流の量は、必然的に多くなります。
したがって血流が拡張されるによって、ペニスに流れ込む血流が増え、ペニス増大につながるのです。

増大効果がある栄養素を含んだ食べ物

では、これらの栄養素を含む食品とは、具体的にどういうものなのでしょうか。
まず、アルギニンを多く含む食品は肉・大豆・エビ・ゴマなどが挙げられます。
特に高野豆腐は、豆腐をより凝縮させたものなので、アルギニンをたくさん含んでいると言えます。
次に亜鉛ですが、これは何と言っても牡蠣やレバー。
亜鉛は割と様々な食品に入っていますが、この2つが亜鉛を含む代表的な食品です。
最後にシトルリンですが、実はシトルリンの語源はスイカのラテン語citrullusから来ています。
他にもウリ科のメロンやキュウリ、ゴーヤにもわずかに含まれていますが、スイカには遠く及びません。

その栄養素を無駄なく摂取できる食べかた

最後に、これらの食べ物をどのように食べれば、栄養素を無駄なく摂取できるのでしょうか。
アルギニンを含む大豆製品は加工の仕方によって、アルギニン含有量が変わってきます。
できるだけ、大豆を凝縮した木綿豆腐や高野豆腐を選ぶと良いでしょう。
ゴマは軽く擂って食べると、吸収が良くなるのでオススメです。
亜鉛はビタミンCと一緒に摂取することで、より吸収されるようになります。
なので、牡蠣を食べる際にはレモン汁を振りかけたり、レバーはレモン汁で食べると良いでしょう。
最後に、スイカは旬の物ですので、一年中食べることが難しいと思います。
なので、スイカが出回ってない時期には、他のウリ科の食品を食べて代替するのがオススメです。

まとめ

ペニスを増大したいけど、でも、薬には頼りたくないという人は多いと思います。
薬は信用できるかどうかにはじまり、副作用などの懸念材料もいくつもあります。
ペニス増大を目指される方は、まずここに挙げた食品を意識して食べるようにしてみて下さい。
いずれもしっかりとした根拠がある食べ物なので、少なからず効果はあるはずです。
きっと男としての自信に繋がっていくはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲