HOME » 女の恋愛テクニック » 彼氏とのすれ違い解消

彼氏に「もう別れよう!」と告げたくなる瞬間とは?!

彼氏とのすれ違い解消

2016年02月04日  

wakareyou-tsugeru

女性が長年付き合ってきた彼氏と「もう別れようかな・・・」と感じさせるのは、どんな時なのでしょうか?
もしかすると、男性にとっては「些細なことじゃないか・・・」と思うしれませんが、女性からすると大事な問題だったりすることもあります!
ということで、別れたいと告げたくなる瞬間をいくつかご紹介していきます。

結婚話をはぐらかす

長年付き合っていると女性は結婚なども考えるようになることが多いです。
ですが、男性側は「まだ結婚はいいかな」「もう少し考えさせて」など結婚を先延ばしにしてしまいがちで、結果女性は別れを考えてしまうのです。

傷ついていても気付いてくれない

女性が精神的に傷ついている時、本来なら大好きな彼に寄り添ってほしいと思うものです。
しかし、それに気づかずに彼女を放置してしまうと一気に気持ちが冷めてしまいます。

会話やメールなどのコミュニケーションが減った

付き合い始めは頻繁にメールでコミュニケーションを取っていたとしても年々その回数が減ってきてしまうとそれが別れるきっかけになることがあります。
男性にとっては気にすることではないことでも、女性はそういったことを敏感に感じてしまうので結果別れを決意してしまうのです。

記念日やイベント事を忘れる

付き合い始めた記念日、誕生日やクリスマスといった記念日やイベント事は女性にとってはとても大切なものです。
しかし、それを彼が忘れがちになってしまい、記念日なのに祝ってくれない!クリスマスなのにデートできない!などが続くと「私を大切に思ってくれていない」と感じ別れに繋がるのです。

尊敬できない

付き合った当初は彼の良い部分や尊敬できる部分というのは見えていたと思います。
しかし、長年付き合っていると彼のだらしない部分やありえない行動などが見えるようになってきて、それが別れる引き金になってしまうのです。
最初は、彼もきちんと振る舞わなければという気持ちがあったとは思いますが、時間と共に気が緩んでしまい本性が出てきてしまうようです。

浮気

どんなことがあったとしても浮気を許す女性というのは滅多にいないでしょう。
付き合っていた彼が浮気をしていたことが発覚すれば、悲しいと同時に怒りさえ芽生えてきてしまうかもしれません。
そんな彼と今まで通り付き合っていくことなど当然無理ですから、別れを決意してしまうのも仕方がないことです。

愛情を感じない

付き合い始めは好きという気持ちが伝わったものの数年経つと好きなのかわからない、「好き」や「愛してる」という言葉すら言ってもらえなくなると女性はとても不安に感じてしまいます。
「本当は好きじゃないのかな?」「もう気持ちが冷めてしまったのでは?」というマイナスの気持ちが生まれ、結果その苦しみに耐えきれずに別れを告げてしまうのです。

気を付けましょう!

どんな状況で別れを決意したとしても喧嘩別れのような嫌な別れ方はなるべく避けるようにしましょう。
あくまでも冷静にきちんと話し合った上で、綺麗に別れることで未練などのモヤモヤした気持ちを残すこと無く別れることができます。
たとえ、別れる理由が彼の浮気であったとしても感情を取り乱すことのないように気をつけましょう。

まとめ

長年付き合うとお互いに気が緩むのもあってか、今まで隠していた悪い部分も徐々に表に見えてくるようになります。
そうなると「以前はこんな人ではなかった」などと思うことも増えてくるようになるでしょう。
女性は、自分を大切に思ってほしい、もっと愛してほしいという気持ちがとても強いです。
なので、軽率な行動や気の緩みが引き起こした行動などがきっかけで別れを考えてしまうのです。
ですから、お互いに思いやりをもって付き合うのが一番ベストは付き合い方です。
思いやりは、長年付き合っていたとしても、常に持つべき気持ちと言えるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲