HOME » ターンオーバー » スキンケアの正しい方法

化粧水の正しいつけ方とは?つけ方次第で効果アップ!

スキンケアの正しい方法

2015年06月04日  

MS251_kosumeviewr

高い化粧水を使って、自己流のスキンケアをする…本当に美肌になっていますか?使い方を間違えればどんなに良い化粧水も無駄になってしまいますよ。今一度自分の化粧水の使い方を見直してみましょう。

化粧水をつける時は染み込ませるように叩き込む!

コットンでパシパシ!手でパシパシ!角質層の奥の奥まで化粧水が染み込むように叩き込んでいる方はいませんか?血行やリンパの流れが良くなると思われていますが、肌に過度に刺激を与えると、肌荒れやたるみの原因になってしまいます。コットンでも手でもゆっくりと押さえつけるように化粧水をなじませるようにしましょう。

日中は乾燥しないようにスプレー式の化粧水をいつも吹きかけます

エアコンでの乾燥は夏も冬もとても気になりますよね。日中使いやすいスプレー式などの化粧水を使っている方もいると思います。お昼のメイク直しの際などに使うのは良いのですが、頻繁にスプレー式の化粧水を使用することはかえって乾燥を招いてしまいますよ。顔についた化粧水が蒸発する時に、元々顔にあった水分まで持って行ってしまうためです。保湿も良いのですが、適度に行うことが大切ですね。

シートマスクはできるだけ長時間つけておく

高級なシートマスクだけではなく、お気に入りの化粧水を染み込ませることで手作りのシートマスクを作ることもできますよね。長い時間つけておくほど効果がありそうですが、実はそうでもありません。薄いタイプのシートマスクは長時間つけておくと、シートが乾燥して肌の水分まで持って行ってしまいます。厚手のシートマスクは肌がふやけて痒みが出る場合もありますね。商品によってオススメの貼付時間が異なるので、説明書きに書いてある時間を守るようにしましょう。

乾燥している部分は化粧水を重ねづけする

冬の期間など乾燥が気になる時は、乾燥している部分に化粧水を何度もつけたくなりますよね。化粧水の成分はほとんどが水です。必要以上に化粧水をつけても大きな効果は得られません。それどころか化粧水が蒸発する時に肌の水分を持って行ってしまうので、それを繰り返すことによって乾燥が悪化する可能性があります。化粧水は適切な量を1度だけつけるようにしましょう。

まとめ

美肌作りのために高い化粧水を買っていても、なかなか肌がキレイにならない、乾燥してしまうという方は化粧水の使い方が間違っているかもしれません。頻繁に保湿をしたり、スキンケアに時間をかけることが正しいとは限りませんよ。今すぐ正しい化粧水の使い方をマスターして、化粧水の力を最大限に引き出してあげましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲