HOME » ターンオーバー » スキンケアの正しい方法

夏のスキンケアの正しい方法!「ちゃんと対策してるのに肌荒れが!」と言う人必見!

スキンケアの正しい方法

2015年08月01日  

0b54b649db7574fc9763930a1506461a_s

夏場でも化粧水の後の保湿が大切

夏場は汗をかきやすく、お風呂上りは特にきれいになったばかりだというのに汗がふきだしてきてしまったりして困ることがありますよね?そのため化粧水をパッティングしてすっきりしたらそれで終わりとしてしまう人が多いのですが、それはあまり肌にはよくありません。夏は紫外線を浴びることが多く、紫外線は肌を乾燥させる原因といわれています。また、エアコンなどのついた部屋にいると肌の水分はどんどん蒸発していき、ぱりぱりになってしまうことがあります。そのため、保湿はしっかりするべきなのです。化粧水を塗った後は、乳液やクリームをしっかり塗って、肌にしっかり水分が行き渡るようにしましょう。

太陽が出ている時だけUVケアするのではない

夏は紫外線の量が多いためUVケアをしていても肌は紫外線のダメージをうけてしまいます。太陽が出ていないときでも紫外線はありますので、常日頃からUVケアをするように注意しましょう。紫外線を受けた肌はメラニンを形成し、やがてシミになってしまうこともありますから、浴びないように帽子やサングラス、アームカバー、ストールなどを使って紫外線をできるだけ浴びないように対策をしていきましょう。

べたつくからと言ってゴシゴシ洗顔はしてはいけない

夏は汗をかくため、肌がベタベタしやすいです。また皮脂も多く出るので、ついつい洗顔をするときに念入りにゴシゴシしてしまいがちなのですが、それでは肌を傷つけてしまいます。洗顔をするときはよくあわ立て、ふんわりとした弾力のある泡をつくってから泡だけでふんわりと洗顔をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?夏は特に紫外線に注意しなければいけません。肌にとって紫外線は大きなダメージの原因となる敵です。浴びてしまった紫外線を肌は記憶してしまいますので、紫外線を浴びないように常日頃から対策をするようにするべきです。また、乾燥は肌にシワをつくる原因となりますので、しっかりと保湿をしてあげるようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲