HOME » ターンオーバー » スキンケアの正しい方法

スキンケアで角質を作らないようにする方法とは

スキンケアの正しい方法

2015年05月27日  

AI_IMG_7795

肌は常に古い角質を剥がすことで毎日新しい肌に生まれ変わっています。
しかし様々な原因によって古い角質が肌に残った状態になり、肌トラブルを引き起こすこともあるのです。
では何故古い角質が残ってしまうのかをご説明します。

角質の原因

角質が肌に残ってしまう主な理由は乾燥によるものが多いと言われています。
肌が乾燥することで古い角質が剥がれにくくなりきちんと剥がれ落ちずに肌表面に残ったままになるのです。
また紫外線などで外部から刺激を受けた場合も同様に角質が上手く剥がれない状態になるので肌に残り様々な肌トラブルを引き起こします。

毎日出来ることは着実にこなす

改善や予防策としては普段のスキンケアを丁寧に行うことと生活習慣の改善です。
洗顔の際に綺麗に洗おうとしてゴシゴシ擦ってしまうと肌はそれだけでも傷ついてしまいます。
丁寧に洗顔を行っていても化粧水の量が少なかったり全く使用しなければ肌は乾燥して角質が肌に残ってしまいます。
洗顔後は化粧水をたっぷり使い保湿を行って綺麗な状態を保つように心がけましょう。
また角質には睡眠も重要で、22時~2時の間はゴールデンタイムとも呼ばれており、この間に肌は新しい肌に生まれ変わります。
この時間にきちんと睡眠ととることでその働きは正常に行われるので肌の角質も目立たなくなるでしょう。

リラックスタイムが乳液が一番効果が出る

乳液には肌を柔らかくする効果があるのでリラックスタイムに乳液を使用すると古い角質が剥がれやすくなります。
顔に乳液を塗る際にはマッサージをするような感覚で塗っていくと効果的です。
また塗った後に蒸しタオルを顔にあてて数分放置するとさらに肌が柔らかくすることができます。
数分経ったら蒸しタオルで顔に付いている乳液を軽く拭き取って化粧水で保湿を行えば角質の無い美しい肌を保つことが出来ます。

自分に合った化粧水、乳液とは

自分の肌に合う化粧水や乳液を選ぶためには自分の肌質を知る必要があります。
乾燥肌であればセラミドやヒアルロン酸配合の保湿力の高い物を、脂性肌の場合は収れん化粧水のような毛穴を引き締める効果のあるものが良いでしょう。
また使ってみた際に少しでもかゆみや赤みが発生したら無理に使わないようにしましょう。

まとめ

日々少しの工夫でも古い角質を無くすことは可能です。
また基本的には特殊な道具や技術は必要ないので誰でも行うことが出来ます。
あとは気持ち次第なので、面倒だと思わずに根気強く行うことが重要になります。
角質が肌から無くなると綺麗で美しい肌になりますので、損はありません。
なので少しでも肌の角質が気になるという人は日々努力するようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲