HOME » ターンオーバー » スキンケアの正しい方法

朝と夜に使い分けるスキンケア法!これであなたもバランスの取れたお肌へ!

スキンケアの正しい方法

2015年07月07日  

c32e41c931dd66d5808b0e0f4bc4148e_m

朝と夜のお肌の活動の違い

朝と夜は、お肌の活動が全く違います。
朝は、これから1日が始まる時間です。これからお肌を酷使する1日が始まるので、朝は肌内部で、「お肌を紫外線から守る準備」「これからお肌に受けるであろうダメージを、修復するため準備」が行われています。
一方夜は、お肌を修復する時間です。その日1日でお肌が受けたダメージを、肌内部の細胞が修復する活動を行います。特に睡眠中は成長ホルモンが多く分泌されるため、肌を修復する活動がより活発化します。

朝にするスキンケア

朝のスキンケアは、保湿重視で行うと良いでしょう。そのためには、肌を乾燥させない洗顔を行うことが大切です。朝はできるだけ洗顔料を使わず、ぬるま湯で軽く洗顔します。朝しっかりと洗顔してしまうと、肌をさせ、皮脂分泌を過剰にさせてしまいます。
又、朝の洗顔後は、しっかりと保湿をしておくことにより、1日中肌細胞に十分な水分を与えることができるようになります。特に化粧水や美容液はたっぷりとつけ、肌を十分に潤わせるようにしましょう。
朝、十分に保湿することによって、その日の間ずっと、紫外線や外部の刺激から肌をしっかり守ることができ、メイクのノリも良くなります。

夜にするスキンケア

夜は、1日ダメージを受けたお肌を修復し、翌日までに元の健康な状態に戻すためのスキンケアをしましょう。
まず、メイクや埃など、お肌についた汚れを洗顔料できちんと落とします。
又、夜は少し贅沢なスキンケアアイテムを使い、その日のダメージによって肌が失ってしまった成分をしっかり補給することが大切です。そのため、濃厚で高機能なスキンケアアイテムは、朝ではなく、夜使うようにすると良いでしょう。

まとめ

朝と夜はお肌の活動が全く違うため、スキンケアの方法も違ってきます。朝も夜も同じスキンケアをし続けていると、お肌の水分量・油分量のバランスが崩れたり、お肌の修復がいつまで経っても追いつかないという状態になってしまいます。
朝と夜でスキンケアを変え、お肌の活動を確実にサポートするように心掛けたいものです。そのような地道な積み重ねが、確実に美肌を作っていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲