HOME » ターンオーバー » 肌荒れを治す期間別解消法

一週間で美肌効果が実感できる!もうこれで高級化粧水を使う必要無し!

肌荒れを治す期間別解消法

2015年07月07日  

ff41ac7e23d5119118cbbde726bec126_l

油分の多い食品の摂取を控える

まずは肌へ悪影響を与える油分の多い食品の摂取は避けましょう。肌荒れの原因の一つに、リノール酸の摂り過ぎが挙げられます。ついつい揚げ物ばかり食べている人は要注意です。揚げ物以外にもマヨネーズやスナック菓子も控えるようにしましょう。肉や乳製品などの動物性脂肪の摂り過ぎも皮脂の分泌を増やし、肌トラブルの原因となるので控えるようにしましょう。

糖分の多い食品の摂取を控える

クッキーやケーキ、ドーナツなどのお菓子に含まれる糖分は、肌の免疫力の低下を招く他、皮脂の過剰分泌につながり酸化をさせてしまい、吹き出物や毛穴の開き、シミ、ソバカスなどの肌荒れの原因となります。料理を作る際に砂糖を多用する人も気をつけましょう。

洗顔は毛穴がしっかり開いてから洗う

美肌になるためには外からのケアである洗顔も大切です。洗顔する前には、濡らしたタオルを電子レンジで30秒程度温めた蒸しタオルを顔に1分程乗せて、しっかりと毛穴を開いてから洗顔すると、汚れがきれいに汚れが落ちるので効果的です。

洗顔は撫でるように優しく洗うのがコツ

洗顔のポイントは、泡立てネットなどを使い石鹸や洗顔料をしっかりと泡立ててから、擦るのではなく、撫でるように優しく洗います。そして、体温よりやや低い程度のぬるま湯で丁寧に髪の生え際まで洗い流すように心がけましょう。肌のターンオーバーを正常にさせるためのコツです。

天然成分が多く配合されている保湿剤を使う

洗顔後は肌が乾燥しますので早めに保湿することが大切です。保湿にはどれを使ってもよいというわけではなく、天然成分が多く配合されている化粧水、美容液、乳液でケアしましょう。天然のセラミド、コラーゲンなどを含むものは肌への浸透力が高く、肌への負担が少ないのでおすすめです。ですが、すべての人の肌に合うというわけではないので、必ず肌に合うか確認してから使いましょう。

まとめ

たった一週間でも体の内からと外からのケアをすることで、肌の違いを実感できるはずです。ついつい油っこい食事ばかり、甘い物は手放せないという方も一週間は控え、代わりに緑黄色野菜や豆腐や納豆などの大豆食品、またナッツ類などの良性の脂肪を摂るようにしましょう。そして、毎日の肌ケアも面倒がらずにやることで、きれいの第一歩を踏み出しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲