HOME » ターンオーバー » 肌荒れを治す生活習慣

禁煙でできる肌荒れ対策とは?これで喫煙が及ぼす体への影響がよくわかります

肌荒れを治す生活習慣

2015年07月08日  

344ffa60f8db5e1b421ecb65772f834f_l

タバコが肌に及ぼす影響とは

タバコには有害物質が多く含まれています。
その中でも肌に大きく関係しているのは一酸化炭素と呼ばれるものです。
この一酸化炭素がタバコを吸うことによって身体に取り込まれて本来なら酸素を運ぶべき血液中のヘモグロビンが、一酸化炭素と結合してしまい、細胞酸欠状態になります。
酸素不足になった細胞は身体に必要な栄養素を血液に乗せて送ることが出来なくなるので当然肌にも必要な栄養素は届かなくなります。
そうした状態になると肌の色が悪くなったり乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうのです。

タバコをやめることで体力が10歳若返る

禁煙を行うことで単純に細胞酸欠が解消されることにもなります。
そうなると身体に必要な栄養素も正常に身体全体に運ばれることになるので体力も自然と回復していきます。
個人差はありますが、10歳ほど若返るとも言われていますので、タバコをやめることは身体の健康にとても良い影響を与えることにもなるのです。

たるみやしわを解消してくれる

タバコを吸うことで栄養素が肌に運ばれないことも肌荒れなどの原因になっていますが、他にも理由はあります。
肌のハリを保つ上で大切なのはコラーゲンですが、これが生成されるためにはビタミンCが必要になります。
このビタミンCは人間の身体では作り出せないものなので食べ物などで補うのですが、タバコを吸うとこのビタミンCが破壊されるためビタミンC不足になってしまいます。
そうなるとコラーゲンが生成されなくなるのでたるみやしわなどの原因にもなるのです。
ですが、タバコをやめることでビタミンCの破壊が抑えられコラーゲンの生成も正常に行われるようになります。
なのでタバコをやめただけでたるみやしわの解消にも繋がるのです。

まとめ

タバコは肌だけではなく身体にも様々な悪影響を与えるものです。
なので禁煙を行うというのは肌のためだけではなく自身の身体を健康に保つためにはとても大切なことなのです。
すぐにタバコを絶つのは難しいという人は電子タバコや薬用タバコといった禁煙グッズなどを活用するのも良いでしょう。
またタバコをやめる上で大切なのは強い気持ちです。
タバコは強い依存性があるものでもあるので、ちょっとした気の迷いから禁煙をしていてもついつい吸ってしまう可能性も十分にあります。
なので絶対にやめるという気持ちを持って金券に取り組むようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲