HOME » 多汗症 » 手汗の治し方

手汗を改善する3つの方法!もうこれで苦手な握手気兼ねなくできますね!

手汗の治し方

2015年06月11日  

a0002_010330_m

手汗をかいてしまう理由

手汗をかいてしまう原因は人それぞれですが、特に多い理由としてあげられるのは極度に緊張した時やストレスを感じた時です。
ストレスなどは交感神経が過敏になり大量に汗をかいてしまい、結果手汗の量も多くなります。
また他にもホルモンバランスの変化も原因の一つで、バランスが乱れることで新陳代謝が活発になり手汗をかいてしまうこともあります。

制汗スプレーを使う

手汗対策の一つの対策方法として手軽なものは制汗スプレーを使うことです。
制汗スプレーを手に吹きかけることで手汗を抑制することが出来るので緊急時にはとても便利です。
しかし制汗スプレーはあくまでも一時的なものなので持続性はありません。
なので突然の手汗などを一時的に解消する道具として使うのが便利でしょう。

汗の出やすい食事を控える

手汗の大きな原因とも言える交感神経は辛い物や熱い物を食べた時に活発に活動してしまいます。
なので出来るだけ熱々の食べ物や極度に辛い食べ物はなるべく避けるようにするのも手汗対策に効果的です。
また肥満体質の方は糖分の多いケーキや揚げ物などの脂っこい食事は汗をかきやすくなる元にもなるので食べる量には気をつけるように心がけましょう。

汗を抑えるツボとは

手汗は精神的な緊張時に出る場合が多いので、緊張を和らげるツボを押してあげることでも手汗対策になります。
合谷と呼ばれる人差し指と親指のつけ根部分にあるツボをゆっくり押して刺激してあげることでリラックス効果が高まり手汗を抑制する効果が期待できます。
効果は人によって個人差はありますが、小まめに押してあげることで次第に効果を実感するようになってくるので空いた時間にでもツボを刺激してあげるようにしましょう。

まとめ

手汗を完全に完治させるためには長期間かかる場合があります。
もしもすぐに改善したいという人は最終手段として病院での手術という方法があります。
当然お金は掛かりますが、小まめな改善策に比べると比較的簡単に手汗を改善することが出来ます。
しかし手術後手汗はかかなくはなりますが、身体の別の部分が汗がかきやすくなってしまうという代償発汗と呼ばれる副作用があるので注意も必要な方法です。
自分にとってどの方法が一番合っているかきちんと見分けて行動するというのも手汗改善には重要なことなのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲