HOME » 多汗症 » 多汗症を治す食生活

多汗症に効く食べ物とは?これであなたの汗も改善できます

多汗症を治す食生活

2015年09月10日  

food-1-1325006

大豆製品を摂取する

イソフラボンは発汗を抑える効果があります。イソフラボンが多く含まれている食品と言えば、大豆製品です。豆腐・納豆・味噌・豆乳などの大豆製品を積極的に取り入れることは、手汗対策に有効と言えます。

女性ホルモンを活発にする食材

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする「植物性エストロゲン」を含んでいるため、自律神経系を整える役割をしてくれるのが「大葉」や「もやし」「アボカド」など。特にアボカドは、食物繊維も大量に含有しているので、女性にはオススメ。そのほか、副腎から分泌されるホルモン「DHEA」の成分を含む山芋も、自律神経系の調節には効果が期待できます。

カフェインの多いもの刺激の強いものは控えましょう

多汗症の人には他に、コーヒーやお茶などに入っているカフェインも良くありません。カフェインは、汗腺の働きを活発にする作用があります。
ですから多汗症の方が、カフェインを摂取することは、余計に汗が活発化してしまいますから注意が必要です。
また刺激物は、健康な人にとっては体を温める効果があるものでも、多汗症の人にとっては汗を余計にかくことになりかねません。例えば、トウガラシ。このなかに含まれるカプサイシンという成分は発汗を促す作用があります。このような辛いものや刺激物などで発汗がひどくなる状態を味覚性多汗症といいます。
このような症状は避けたいものです。またそれら刺激物や辛いものを食べながら、発汗を意識すると、余計に発汗を促してしまいます。
ですので食生活で上手く取り入れるといいです。

まとめ

多汗症の方が食生活で発汗を抑えるような豆腐、味噌などの大豆製品や女性ホルモンに似た成分の入っているもやし、アボカドなどを食べると良いです。逆にコーヒーなどのカフェインや唐辛子、スパイス系の刺激物は汗を促してしまうために注意が必要です。上手く食生活に取り入れて、多汗症改善のために参考にするといいです。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
分かりやすく説明していきたいと思います。

多汗症に効く食べ物

1.発汗を抑制してくれるイソフラボンが大量に入っている「豆腐・納豆・味噌・豆乳」などの大豆製品
2.自律神経の働きを調整して、発汗を抑えてくれる「大葉・もやし・アボカド」など

多汗症の人が控えたい食べ物や飲み物
1.カフェインが多く含まれている「コーヒー・お茶・コーヒー・エナジードリンク」
2.カプサイシンが豊富に含まれている「トウガラシ」などは刺激が強く発汗作用がある

これらを食べて良いものと食べてはいけないものを分けて選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲