HOME » 多汗症 » 多汗症を治す食生活

多汗症の対策方法はストレス解消が一番?ストレスによる多汗症改善する方法とは

多汗症を治す食生活

2015年06月11日  

OZP73_okusuridasimasyouka20140321

なぜストレスで多汗症になるのか

実は心と体というのは自分が思っている以上に密接に関係していて、特に外的刺激、いわばストレスによる影響が大きい症状一つが発汗でもあるのです。
その症状がより酷くなったケースがストレスによる多汗症です。
簡単なメカニズムの説明としてストレスもしくは緊張、さらには不安により交感神経が優位となることで汗腺の働きが促進されます。
結果、ストレスで多汗症になる人というのは「交感神経が敏感な人」ということが言えるです。

制汗スプレーを使用する

多汗症の人は勿論、多汗症でなくても若い女性などは発汗による汗臭さを防止・抑えるため使用している人は少なくありません。
多汗症を抱えている方で制汗剤、もしくは制汗スプレーの存在を知らなかったという人はこの記事で知って発汗に対する改善・対策を行っていきましょう。
最近のモノでは良い香りがする、フレグランス作用のある制汗スプレーもあります。女性のみならず、男性もこれで清潔感を保つことが出来ますよ。

辛い食品の摂取を控える

辛いモノ、刺激の強い食品を摂取すると沢山の汗をかきます。
これは「汗を沢山かくのは恥ずかしい」と考えがちな人が特に悪化してしまうケースが多いようです。そのため自分にそう考えさせないためにもなるべく辛い物等の刺激物は抑え、発汗への対策を万全にしましょう。
ストレスによる多汗症を抱えている人は、汗をかきやすい食べ物は控え、ストレスが酷い場合は精神科にて心理カウンセラーを受けてみるのも一つの手です。

ストレスの改善

手軽に出来るストレス解消法として休みの日や空いた時間を趣味に使ってみることや、その他にもリラックス効果のあるアロマやお香など使用してみるなどの手段があります。自分に合った方法を選んで試してみて下さい。
仕事でのストレスが原因の一つであれば仕事一辺倒にならず、息抜きをすることを心がけてください。
現在の日本では福祉や精神医学にも力を入れている傾向にあり、電話での相談や簡易的な心理カウンセリングセンターなどが増えつつあります。
そのため自力では解決できない酷いストレスを抱えているのであればこの際カウンセリングを受けてみるのもいいのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
先程、人の心と体は密接に関係していると言いました。ストレスというのは意外な程に体に影響を及ぼします。
改善に向かう近道は、生活リズムを整え休憩をこまめに取り、少しでもストレスを体に溜めこまない生活を意識していくことなのです。
また、心理カウンセリングを受けることにより改善が見込めると言いましたが抵抗を感じる場合、知人に相談するだけでも違います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲