HOME » 体臭改善 » 頭の臭い対策

頭皮の臭いを抑えるためにできることとは

頭の臭い対策

2015年09月22日  

a1640_000367_m

頭皮の臭いの特徴とは

頭皮というのは体の中で最も皮脂が多い部分なので汚れが落ちにくくきちんと汚れを洗浄できていないと汚れが酸化し頭皮にこびりついてしまいます。
そして臭いの原因となるので汗などをかいた時には特に匂いが気になりますし、また他のパーツと異なり出先では対処しにくいと言うことが出来ます。

スプレーや香水では一時的にしか持たない

頭皮の匂いが気になるからといってスプレーや香水をつけて誤魔化しても、それは一時的な気休めでしかありません。
匂いの原因は無くなっていないから時間が立つと両方の匂いが混じり余計に酷い匂いになってしまいます。だから一時的な誤魔化しならしない方がいいと言えます。

根源となる頭皮の皮脂を抑える必要がある

頭皮の匂いの原因は皮脂にあるので、皮脂の分泌を抑えることにより匂いを解消することが出来ます。
皮脂を抑える方法としては正しいシャンプーをすることで、事前に髪を解いておきお湯で汚れを落とします。
そしてシャンプーはしっかり泡を立ててから使用しきちんとシャンプーをそそぐことが重要です。
さらに髪はしっかり乾かすことで雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。

頭皮の臭いを抑える食べ物

頭皮の匂いを抑える食べ物として挙げられるのがビタミンA、B、Eを含む緑黄色野菜やマグロさらには胡麻、ピーナッツ、玄米などです。
その他にも皮脂の酸化を抑えるポリフェノールやビタミンCを含む食品であるリンゴ、ぶどう、バナナ、グレープフルーツといった食品を食べるといいでしょう。

整髪料などはちゃんと流す

汗をかくと頭皮の匂いと整髪料の臭いが混じってスゴイ匂いになってしまいます。
なので整髪料を使用した時はかならずしっかりと流すように心がけてください。
そして出来るだけ整髪料は油っぽいものを使用しないことをオススメしますし整髪料は髪につけるようにして頭皮にはつけないようにして下さい。

まとめ

頭皮は皮脂が多いので汚れが落ちにくくその汚れが酸化して匂いの原因となります。
匂いの対策としてスプレーや香水をつけても一時的な効果しかなく匂いの元はなくなってないので時間が経過すれば匂いが混じって酷いことになります。
根本的な解決方法はきちんと頭皮の汚れを落としてやることなので、正しいシャンプーの方法を知っておいて下さい。
あと頭皮の臭いを抑える食べ物は緑黄色野菜やマグロさらには胡麻、ピーナッツ、玄米などです。
それと整髪料をきちんと流すように心がけてください。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
分かりやすく補足していきたいと思います。

本文では洗い方についてご紹介致しましたが、髪を乾かすと言うのも大切です。
髪を乾かさないと細菌が発生しやすくなります。
特に乾かさずに生乾きで寝てしまうと、その間に湿った髪に細菌が付着し、それが臭いの原因になってしまいます。
ですので洗うのを徹底するのもいいのですが、お風呂から上がったらまずは乾かすというのも頭の中に入れておいてくださいね。

ただ、ここで注意点なのですが、乾かし方についてです。
乾かす際にしっかり乾かそうと同じところにずっと当て、しかも頭皮に向かって温風を吹きかけていると思います。
ですがこれは間違って乾かし方です。
正しくは髪にだけ当てるように意識して当てることです。
なぜかと言うと、皮脂は乾燥すると分泌を促す性質があるため、乾かしている際に頭皮をも乾かしてしまうと過剰分泌に繋がり逆効果です。
なるべく髪にだけ当てるよう意識してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲