HOME » 体臭改善 » 口臭の予防

口臭を予防する食べ物とは!これで口臭を気にせず会話できます

口臭の予防

2015年09月01日  

devansh-1243873

ヨーグルト

口臭の原因になるのが虫歯菌です。虫歯菌は虫歯を引き起こすだけではなく、歯周病の原因にもなり、嫌なニオイも発します。ヨーグルトにはこれらの繁殖を防ぐ力があります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌がその働きをします。乳酸菌は虫歯菌の働きを弱めて、ニオイを出さないようにしてくれます。また、口臭予防と同時に虫歯や歯周病予防にもなりますので効果的な食材です。ただし、加糖されたヨーグルトだと、虫歯菌を増殖させる糖分が入っていますので、プレーンヨーグルトが好ましいです。

紅茶やウーロン茶

紅茶やウーロン茶には豊富なカテキンが含まれています。カテキンには強い抗酸化作用があります。口の中の環境を抗酸化作用で偏らないように整えます。虫歯菌の働きを抑えて、ニオイも出ないようにする作用があります。紅茶やウーロン茶は口の中がサッパリする効果もあるので、口内全体の粘りや汚れを洗い流す意味でも適しているのです。ただし、ストレートで砂糖は加えないようにしましょう。

フルーツ類は美容効果や口臭予防効果など優れたものが多い

フルーツ類と言うと、ビタミン豊富で美肌や健康面でのプラス面のイメージが強いです。しかし、実は口臭予防にも大きな効果を発揮してくれます。例えば葡萄のようなポリフェノールが多いフルーツは抗酸化作用が強いです。口の中の雑菌や虫歯菌の動きをセーブすることができます。また、多くのフルーツがアルカリ性です。人間に体内は酸性に偏るとニオイが強くなります。アルカリ性で整えていくと、神経の高ぶりも抑えられてニオイの分泌が調節されます。また、パイナップル、キウイ、パパイヤにはタンパク質分解酵素が非常に多く含まれています。ニオイの原因にもなる口内のタンパク質残りを分解してくれます。舌にタンパク質の汚れが残ってしまうことが多いので、それを分解してくれると口臭の改善になります。

まとめ

日頃、よく目にする食材で口臭予防ができます。偏った肉や油の多い食事を見直し、口臭予防に一役買う食材をプラスするだけでも、大きな違いが出てきます。ちょっとした工夫で口臭をなくし、爽やかな口内環境に変えることが可能ですので、意識して摂るようにしましょう。とる際は、砂糖など加えず食材そのままの状態で摂ることを心掛け、最大限の効果が出るようにしましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
今回も分かりやすくまとめていきますね。
そもそも口臭の原因は大きく分けると2つに分かれます。
胃からくる口臭と、舌苔や食べかすなどによる口からくる口臭です。

この二つとも一気に予防できるのが、ヨーグルト、紅茶、ウーロン茶、フルーツ類になります。
これらは口臭の原因となる胃の荒れや口に残った食べかすに対して大いに作用します。
胃の荒れには胃が傷つかないようにコーティング剤のような役目を果たしてくれて、食べかすには細かく分解してくれる効果があります。
更に酵素が多く含まれているフルーツ系は脂肪の燃焼や体臭にも働きかけ、作用してくれるのでかなり効果的です。

口臭が気になるなら、日頃から気をつけ、積極的に口臭改善に取り組む努力をしましょう。そうすることで必ず改善に向かっていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲