HOME » 体臭改善 » 口臭の予防

口臭の原因は影に潜む病気にあった?臭いで病気を見分ける方法とは!

口臭の予防

2015年09月03日  

the-scream-1433651

一般的には歯周病や舌苔が原因で口臭が起こる

口臭のほとんどの原因は、口の中にあるとされていて、その原因が、歯周病や虫歯、そして舌苔という、舌にすいた白い苔のようになっている部分です。
例えば、歯周病によってできた歯周ポケットは、細菌が好む場所となります。特に、空気が無い方が繁殖しやすいとされる菌が活発化し、魚の臓物臭のようなにおいを放ちます。
また、舌苔が口臭の原因とされる理由は、口臭の主な原因とされる硫化水素は食べカスなどが細菌によって腐敗されることで発生してしまいます。
このいった環境が舌苔にあるため、口臭の原因とされるのです。

肉の腐ったような臭い

では、どのような口臭が、どのような病気と関連されるのかという事を説明していきましょう。
まず、肉の腐ったような口臭が感じられる方は、耳鼻咽喉系とかかわりがあるとされています。
例えば、扁桃炎、それに咽頭膿瘍、や頭ガン、副鼻腔炎・副鼻腔ガンなどがその原因と考えられます。

アンモニア臭

これはちょっと危険と思っておいた方がいいかもしれません。アンモニア臭がする口です。
アンモニア臭が口から感じられた方は、腎機能障害とかかわりがあるかもしれません。
腎不全などの腎機能の低下により、アンモニア臭、もしくは魚の腐ったようなにおいがするのがこの場合の特徴となります。

酸味を帯びた臭い

こちらも気をつけましょう。酸味を帯びた臭いです。
これは糖尿病が原因の口臭だといわれています。アセトン臭と呼ばれる、リンゴが腐ったような甘酸っぱいにおいがするのが特徴です。

まとめ

口臭は胃の中の物があまりに強烈なにおいの物を食べて発生している物かと思いきや、実は口の中が原因となっているのです。
そして、その口臭は一定の臭いがするわけではなく、酸味を帯びていたり、アンモニア臭を放っている時などがあるのです。
そんな風に口臭がちょっとでもいつもと違うなという時は、病気のサインかもしれませんから上記のようなことを頭に入れておきましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
早速まとめていきたいと思います。
まず見分けるためのポイントとして臭いの種類についてです。
扁桃炎、咽頭膿瘍、頭ガン、副鼻腔炎・副鼻腔ガンが原因の臭いについては、「肉の腐ったような臭い」が特徴。
腎不全や腎機能障害を伴う場合は、「アンモニア臭」が特徴。
糖尿病、もしくは逆流性食道炎などの場合は「酸味を帯びた酸っぱい臭い」が特徴と言うことですね。

これらを踏まえ、上記3つの臭いがする場合は直ちに医者の相談が必要です。
早期発見で病気のリスクは減ります。小さな変化も見逃さず、健康体を維持できるよう頑張りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲