HOME » 早漏改善 » 早漏改善法

射精をコントロールする方法とは!そのツライ早漏の悩みは克服できます!

早漏改善法

2015年06月27日  

634b869e64ee5d1140299de57f322a9e_l

そもそも早漏の原因とは?

早漏の原因は心にあると思います。慣れない間は気がせいて、辛抱しきれなくなると思います。まして大好きな彼女が相手なら腰を2,3回ピストンしただけで終わってしまうこともあります。最初は彼女もあれっと思っているだけでしようが、慣れて来るともっと我慢するように言うでしよう。これが逆に早漏になったり不能になったりするのです。それから包茎の場合は治す方が早漏改善になると思います。

早漏改善にはまず刺激に慣れるとこから始める

ペニスの先は敏感です。特に若い人でペニスの使用回数の少ない男性は敏感ですから、ちょっとした刺激で簡単に終わってしまいます。精神的な面の改善も必要でしようが、回数を増やしていけば先端が鈍感になって行きますから早漏は改善に向かうはずでする。

生活習慣の見直し

夫婦間の早漏であれば生活習慣で改善できるはずです。時間的に余裕がありますし、お互いの気持ちが分かっていますから時間を十分とって行為をすればよいと思います。出来れば奥さんにリードを任せて見たらどうでしょうか。男がリードするとどうしても目的を達したいとの心理が働き早く行ってしまうのです。早漏の御主人は奥さんのリードで時間をかけて、日曜日の朝等に試みてはどうでしょうか。

射精をコントロールするコツ

セックスに慣れて来るとだんだんとコントロールができるようになります。セックスを楽しめるようになります。女がどのようにしたら感じるか、身体を愛撫しながらじっくり時間をかける余裕ができるようになります。もちろん男のペニスも勃起していますが、辛抱して挿入しようと考えないことです。まだまだと耐えることです。女の方が燃えて来るのに時間がかかります。心臓が早くなり、身体にじとりと汗が出てくるまで辛抱するべきでしょう。そしてヒ秘部がしっかり濡れた頃を見計らって挿入すべきです。腰をゆったりと動かし、しっかり挿入しましよう。そうすると刺激が少なくなるので長持ちさせることが出来ます。

まとめ

男は焦らないことです。いい女であっても焦ってはなりません。セックスは二人で楽しむものです。男がコントロールできなくては女は不完全燃焼に終わります。行きずりの女とのセックスならいいでしょうが、妻とのセックスは何十回、何百回もすることですから、しっかりコントロールして二人が同時に絶頂に達するようにしましょう。コントロールが下手だと妻に心の中で見下されます。円満な夫婦生活にはうまくコントロールすることが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲