HOME » 早漏改善 » 早漏改善法

亀頭トレーニングで早漏を改善する方法とは?早漏はあなた次第でいくらでも治せます!

早漏改善法

2015年06月29日  

d5921ef9df9902fc6fb6f24912dc3f66_l

皮剥きトレーニング法

実は早漏になる一番の原因は亀頭が刺激に弱いためです。その為に包茎や仮性包茎の場合は亀頭が普段から外部の刺激を受けることが少なくなり、ちょっとした刺激でもあっという間に射精してしまうことになるのです。
それを防ぐために、普段から陰茎の包皮を剥き亀頭を外部に触れるようにすることがとても重要です。包茎の方でも亀頭が常に出ている状態にするための器具などがありますが、出来れば入浴中などに包皮の皮剥きトレーニングで亀頭を出して、手で適度な刺激を与えるなどをするのも良い方法だと思います。

亀頭を痛みに慣れさせるトレーニング

亀頭が刺激に慣れるようにするために、わざと痛みを与えるという方法が昔からあります。良く聞くのが爪楊枝の先で軽く刺すとか、たわしなどで軽くこするという方法がありますが、亀頭自体の皮膚は弱いため傷や化膿する可能性があるのであまりお勧めはしません。
ただし亀頭に刺激を与えることは早漏改善に役立ちますので、タオルで軽くこするとか、柔らかめのスポンジでマッサージをするなどをすることで適度な刺激を与えることは効果的だと思います。
くれぐれも痛みが出るようになったら即時に止めて亀頭をいたわりましょう。

ローション亀頭オナニー法

ローションを亀頭表面に塗り手のひらで亀頭を包むようにして行うオナニーがありますが、これは意外と早漏改善のトレーニングになります。
この方法で行われると亀頭にかなりの刺激がかけられ、それを続けて行うことにより刺激に慣れるようになり、その結果自然と早漏も改善されるのです。
ただこの方法のオナニーはかなり刺激があり気持ちが良いために習慣性がつく可能性がありますので、過剰に行うと逆効果の場合もありますので注意が必要です。

まとめ

男性の早漏の多くの原因は亀頭部に対しての刺激に弱いからです。その為に普段から亀頭部を外部にさらす状態にして、常に刺激を受けやすい状態にすることです。
また亀頭を適度にこすったり、マッサージをすることでも刺激に強くすることができますが、過度の刺激は亀頭を傷つけることもありますので注意が必要です。
時にはオナニーのやり方次第で亀頭を刺激に慣らすことが出来る場合もありますので、いろいろ試されることをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲