HOME » 早漏改善 » 早漏の問題とは

早漏改善のメリットデメリットとは?自分の得意なことを活かした営み方

早漏の問題とは

2015年06月29日  

m015-298

最初に早漏の大きな原因についてかんたんに説明し、そのあとで早漏改善のメリットとデメリットについて紹介します。

早漏は精神面の影響が大きい

まず、早漏は精神面の影響が大変大きいということを押さえておく必要があります。
もちろん、仮性包茎で亀頭が敏感すぎるといった要因から早漏になることも少なくありません。
しかし、実際には「自分は早漏である」という認識が、早漏の原因になっているケースが大変多いのです。
その根底には「早漏は男性として劣っている」という考え方があります。
そうしたコンプレックスがあると早漏に対する意識が過剰になり、ますますその傾向が強まったり、場合によってはEDになってしまうこともあるのです。

経験が少ない女性には痛がることがあるのでメリットとなりうる

では、実際に早漏にはデメリットしかないのでしょうか。
答えは「NO」です。
女性はセックスの際、挿入時間の長短だけでなく、前戯の充実ややさしい心遣い、愛の言葉など、さまざまな要素を男性に求めるものです。
ですから、「早漏でもテクニックや精神性に優れたセックスならOK」と考えている女性は少なくありません。
また、経験の少ない女性にとって、長時間の挿入は苦痛であるケースが多く、また、痛みを感じることもあります。
そうした女性にとっては、「むしろ早漏のほうがうれしい」ということになるでしょう。

長時間の行為を望む人に対してはデメリットである

ただし、そうした女性が多数派ということはできません。
早漏というのは、膣にインサートしてから2~3分で射精してしまう状態をいいますが、そうした短い時間では多くの女性はフラストレーションを感じざるを得ないでしょう。
男性は射精した直後、精神的に白けてしまう傾向が強いので、「射精後の後戯で女性を満足させる」ということは、現実的には困難です。
また、男性自身にとっても、常に短時間の行為しかできないわけですから、それがフラストレーションのもとになることも少なくありません。
長時間のセックスを望むなら、早漏はやはり改善すべき問題ということになるでしょう。

まとめ

「早漏は心因性の原因によるところが大きい」という観点から、早漏改善のメリットはどこにあるのか、早漏のもつメリットを含めて説明しました。
女性の感じ方と男性の意識には少なからずズレがあります。
ですから、早漏に悩む男性は「メリットもある」という意識を持つといいでしょう。
しかし、男性にとって精神面の影響が小さくないかぎり、やはり改善を考える必要はあります。
上記を踏まえた上で、前向きに対処することをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲