HOME » 歯周病 » ストレスによる歯肉炎を改善

タバコの吸い過ぎは歯周病を悪化させる?その症状と改善法

ストレスによる歯肉炎を改善

2015年06月06日  

gatag-00005609

タバコが引き起こす歯茎の腫れ

タバコを吸い過ぎると歯茎が腫れてしまうのでしょうか?実はタバコをたくさん吸う人はタバコをまったくすわない人に比べて歯周病になりやすいというデータがあるのです。その理由としてはタバコに含まれている物質が原因であると言われています。さらに歯茎から血が出ることも多くなりやすいと言われているのです。

歯磨きをする際の出血過多

さらに歯磨きをしただけで出血をするようになると歯周病の初期段階であると言われているのです。歯周病の初期段階は歯肉炎と言われており、歯茎が腫れたりすることがあるのです。

対策として丁寧な歯磨きを心がける

ではどのような歯磨きをするといいのでしょうか?まずは、丁寧なブラッシングを心がけましょう。磨き残しがないようにしたいですね。また、あまり力を入れずに歯を磨くようにするといいとされています。力を入れ過ぎて歯を磨くとかえって歯茎を傷つけると言われているのです。

歯の汚れを落とすうがい薬を使用する

うがい薬も利用すると歯周病の予防になると言われています。口の中を殺菌することができますし、口の中のバイキンを殺菌することができると言われているのです。また、虫歯の予防や虫歯ができにくい歯になると言われていますので、うがい薬でうがいをするようにするといいかもしれませんね。

この際禁煙すること

そのような状態になると禁煙をするきっかけになるのかもしれません。歯の状態が歯周病など、そのようなことになったということは禁煙をするいいきっかけなのかもしれませんね。歯周病の初期段階などになった人は禁煙をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

タバコと歯周病の関係について見てきましたがいかがでしたか?タバコを吸い過ぎると歯茎が腫れたり歯茎から出血をしやすくなるようです。みなさんも歯周病になるとタバコを控えたり、タバコを辞めたりするといいかも知れませんね。タバコはあまり歯に対しては良くないのかもしれませんよ。タバコを吸っている人は丁寧なブラッシングやうがい薬を使用すると良いかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲