HOME » 歯周病 » 歯肉炎を治す方法

歯間ブラシを使った歯肉炎の予防法とは?そのための方法をご紹介!

歯肉炎を治す方法

2015年07月03日  

14ff19941680a7b766161151d136f43d_l

歯肉炎は歯周ポケットにたまったプラークが原因

歯肉炎は、普段から口の中に住んでいる口腔常在菌が作ってしまうプラークが主な原因です。口腔常在菌は健康な人の口の中にも住んでおり、普段は悪さをすることはありませんが、砂糖の多い食事を頻繁に取ったり、口腔ケアを怠ったりしてしまうと、細菌が増えてしまい、プラーク量が増え、歯茎が炎症を起こしてしまいます。プラークの中に入っている細菌から起こる感染と考えられているのです。またプラークは歯ブラシの届きにくい歯と歯肉の間にたまってしまい、歯肉が炎症を起こしてしまいます。そのため、歯茎が腫れてしまったり、少しの刺激だけで血が出たりしてしまうのです。

歯と歯の間の汚れを取って清潔な歯を保とう

歯間ブラシは歯と歯と間の汚れを取ることができます。歯間ブラシを使うときは鏡を見ながら、歯肉を傷つけないように歯と歯の間に入れることが大事です。歯茎に沿わせて歯間ブラシを入れて、ゆっくりと前後に動かして清掃します。歯並びの悪い所や、利き手側の歯は歯磨きがしにくく、汚れがたまっていることが多いので特に丁寧に磨いていくことが大事です。歯間ブラシと一緒に使用することができる薬用のフッ素配合歯間ジェルというものもあるので活用してみるのも一手。

歯間ブラシ一つで歯周病のリスクを減らせる

歯間ブラシをすることで歯と歯の間の食べかすや歯垢を除去することができます。歯と歯との間の歯垢を除去できるということは、歯周病の原因であるプラークの除去もすることが可能です。プラークを除去し、細菌の繁殖を防ぐことで歯周病予防にも、虫歯予防にもなるのです。

まとめ

歯間ブラシと歯ブラシを両方使うことで歯垢の除去率は80%にものぼるといわれています。清潔に歯を保ち、歯垢をきちんと除去するなどの口腔ケアを徹底することで歯周病を防ぐことにつながり、歯を抜かなければいけなくなることもなくなります。そうすれば、おいしい食事などを自分の歯でいつまでも健康的に食事をとることができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲