HOME » 白髪 » 白髪染めで黒髪にする

髪はカラーで決まる!白髪ぼかしでダンディな髪になる方法

白髪染めで黒髪にする

2015年05月27日  

YOTA82_nanigaokotta15122053

白髪ぼかしとは

白髪を薄く染めるヘアカラーリングの方法です。
白髪を黒々としっかり染める「白髪染め」とは違い、白髪を薄く染めることによって『いかにも染めました』という不自然さが無く、さりげないオシャレが楽しめます。

白髪染めと白髪ぼかしの違い

技法による違い
「白髪染め」と「白髪ぼかし」の違いは白髪をしっかり染めるか薄く染めるかに違いがあります。
白髪が生えているように見せずしっかり染める場合は「白髪染め」、あくまで白髪を活かして目立たせなくする場合には「白髪ぼかし」を選択するのがいいでしょう。
白髪染め=白髪を隠す
白髪ぼかし=白髪を活かす
☆染めた後の違い
「白髪染め」は黒々と染まるので、新しく生えてくる白髪との境目が出来てしまいます。
「白髪ぼかし」は黒髪と白髪を自然に馴染ませるので、新たに白髪が生えてきても違和感ありません。
☆薬剤(ヘアカラー剤)による違い
ヘアカラー剤の中に含まれる染料の違いがあります。
「白髪染め」には白髪をしっかり染めるために濃い染料が、「白髪ぼかし」には白髪をほんのり染めるために薄い染料が配合されています。
☆時間による違い
「白髪染め」は白髪をしっかり染めるために、カラー剤塗布後30分程度時間を置いて流します。一方「白髪ぼかし」はカラー剤塗布後5~10分程度の時間で流すのでヘアカラーは時間が掛かって面倒くさいという方でも気軽に染めることが可能です。

白髪を活かしたヘアスタイルで若々しさを演出

白髪をそのままにしている男性も多いですが、見た目が老けて見え何より清潔感がありません。
白髪を目立たせないよう薄く染めるだけで、見た目がグッと若返り清潔感も出て簡単にダンディな髪が手に入ります。

まとめ

いかがでしょうか?
年齢を重ねるごとに増えてくる白髪。
そのままにしている男性も多いですが「白髪ぼかし」をするだけで、ガラリと雰囲気も変わり若々しさが演出できます。
今さらヘアカラーをするのは面倒だし、何かちょっと恥ずかしいという方でも「白髪ぼかし」なら短時間でさり気なく自然な染まり上がりが手に入るで、この機会に白髪ぼかしに挑戦してみてはいかがでしょうか。
今までと違う自分が発見できるかも知れませんよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲