HOME » 白髪 » 白髪を改善する方法

眉毛の白髪が気になったら!眉毛を綺麗に染める方法

白髪を改善する方法

2015年05月26日  

AG167

眉毛はカラーリングよりブリーチが最適

現在、眉毛専用のカラーリング剤はありません。
その為、カラーリングを行う場合にはヘアカラー用の薬剤を使用することにことになります。
眉付近の皮膚は頭皮と比べて薄くデリケート。カラーリング剤は刺激が強過ぎることがあります。
目に入ると最悪の場合失明してしまう恐れがあるので、カラーリングよりもブリーチで明るくするのがおすすめです。

眉毛を染めるなら眉マスカラもオススメ

より安全な眉毛染めの方法を選ぶなら、眉マスカラがおすすめです。
眉マスカラは肌への刺激はほとんどありません。もし失敗してもマスカラを落とせば何度でもやり直すことができるので、安心かつ手軽に眉毛染めをすることができます。

ブリーチのメリットデメリット

ブリーチは地毛の色を薄くして行くため、透明感のある自然な明るさにすることができます。
眉マスカラのようにクレンジングで元の色に戻ることもないのでスッピンでも大丈夫。
ただしマメに手入れをしないと、眉毛が伸びて「プリン眉毛」になってしまいます。
また、肌の弱い方にはお勧めできません。

眉マスカラのメリットデメリット

眉マスカラの魅力は、何といっても色の豊富さです。様々なヘアカラーに合わせたカラーにでき、発色もとても綺麗です。
また肌への刺激もないので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。
ただスッピンに弱く、毎日眉マスカラする必要があります。

ブリーチと眉マスカラのちょっとしたコツ

ブリーチは垂れにくいクリーム状のものを選び、ブリーチをしている間は身体を起こさず横になっているとより良いでしょう。
脱色しすぎないよう5〜10分でオフして少しずつ脱色しましょう。
また、眉毛の周囲に予めワセリンやハンドクリームなどの油性クリームを塗っておくとデリケートな皮膚を守ることができます。
眉マスカラは付け過ぎ防止のため、塗る前に余分なマスカラ液をティッシュなどで取っておきましょう。
ブラシを押し付けるのではなく毛の流れに逆らって軽く眉を解かすようにブラシを動かすと根元までしっかり染めることができます。
どちらの場合も髪色より少し暗いくらいが一番バランスよく見えますよ。

4. まとめ

眉毛の色を変えると、それだけで垢抜けた印象になります。メイクや髪型、服装を変えるよりずっと手軽にイメージを変えることができるので、挑戦しない手はありません。
ブリーチにも眉マスカラにも長所や短所がありますが、それぞれの特徴をよく理解した上で、ご自身にあった方法でふんわりしたイマドキ顔を手に入れましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲