HOME » 自分磨き » メイクアップ術

一重メイクをしっかりマスター!

メイクアップ術

2016年02月14日  

hitoe-make-master

一重をメイクの方法で、パッチリと大きくて印象深い目になったら素敵ですよね。
どうすれば良いのでしょうか。考えてみましょう。

一重の芸能人を例にあげる

代表的な一重の芸能人といえば、女性が憧れるかっこいい女性の富永愛さん、りょうさん、木村多江さん、またチャーミングな存在の吉高由里子さん、水川あさみさん、aikoさんが代表的です。
一重でもとても美人で可愛らしい女性がたくさんですよね。

一重メイクのポイントはアイシャドウ

目に立体感を出してくっきりと見せるアイシャドウですが、間違った塗り方をしている場合があります。
目を閉じた時に瞼の丸く膨らんだ部分(アイホールと言います)にベースカラーを指でなぞる様に広げて塗っていきます。
目元をはっきりと見せたい為に濃い目の色を使うのはあまりお勧めしません。
目を開けた時に瞼ギリギリのラインより少し上にベースカラーに近い中間色を目尻から黒目の中心部分までライン状にチップで色を乗せていきます。

アイライナーはペンタイプ

まつ毛の生え際に目頭から目尻に向って腺を引きます。
黒目の辺り、目の中心部分を若干、太めに書くと黒目が強調されてハッキリした印象になります。
また、下瞼を持ち上げて生え際を埋めるつもりで書くと簡単に失敗せずできます。
ペンタイプが書きやすくて、なめらかなラインが引けますので、使い易くてお勧めです。
ブラックも定番で良いですが、ブラウンも優しい印象になり腫れぼったい印象が付きがちな一重さんにはお勧めです。
ブラウンを使用する場合はアイブローもブラウン系を選びましょう。

マスカラでボリュームアップ

まず、ビューラーを使ってしっかりとまつ毛を上向きに固定します。
綺麗なカールが作れたらマスカラを塗っていきますが、一重の方は元々、まつ毛が下に向って生えています。
ですから、ボリュームを出したいからと言って塗りすぎには注意しましょう。
まつ毛全体を撫でるように丁寧に塗りましょう。
目の周りが強調されてさらに大きなぱっちり目になります。

まとめ

どうしてもぼやけた印象になってしまう一重のメイク方法には、コツがあります。
まず、正面から目を見た時に目を見開いていてもラインが見えるくらいの太さのアイラインが必要です。
細く引いたラインでは目を開けた時に見えなくなってしまうのでどうしても腫れぼったく見えてしまいます。
また、アイシャドウは暖色系の色は腫れたように見えがちです。
ブラウン、グリーン、ブルー、赤みのないオレンジが良いでしょう。
これで、一重でも豊かな目元になりますので、試して下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲