HOME » 自分磨き » 不器用を改善する方法

パソコン音痴の人の克服する方法とは?あなたは機械の扱い大丈夫ですか?

不器用を改善する方法

2015年08月29日  

very-strange-pc-1427108

パソコン音痴の原因は機械に興味が無いのが原因?

システムエンジニアの方のようにパソコンをバリバリと使いこなしている人に憧れを持つ方も多いはずです。
しかし、それとは裏腹に、パソコン音痴だという方、いますよね。
このパソコン音痴な原因の1つに言えるのが、パソコンに対して興味が無いことが挙げられます。
パソコンだけではなく、色々なことに対して言えると思いますが、例えば、魚が嫌いだった場合、魚について何も知ろうという考えが置きませんから、魚を見ても何という名前でどんな味なのかということがわかりません。
パソコン音痴もそれと同じで、興味が無いために、パソコンについて知ろうという意欲が無く、パソコン音痴になってしまうのです。

まずはタイピングの練習をしてみる

パソコン音痴を克服するためには、まずは基本中の基本である、タイピングの練習をしてみましょう。
これができなければパソコンの操作ができませんから、一番重要かもしれません。
最初から早く打とうなんて思わなくて良いのです。
どこに何のキーがあるのかというのを頭に把握しながらタイピングをしていきます。
そうすれば、いつかはブラインドタッチをするための手助けともなります。

用語を覚える

パソコン用語、これはパソコン音痴の方でなくても、時々分からない言葉が出てきます。
用語のほとんどが横文字です。まずは、基本的な「クリック」や「コピペ」などのパソコン用語を覚えて、徐々に高度なパソコン用語を覚えて行くようにするとよいでしょう。
いきなりあまり使うことのない用語を覚えてもあまり役に立たないはずです。

まとめ

パソコンは今やどんな職業においても必要な物となっていますから、覚えて損はありませんし、逆に覚えなければ就職もできない危険性があります。
パソコン音痴で困っているという方、まずはタイピングの練習を毎日決められた時間だけやっていれば必ずタイピングスピードはアップしますし、キーボードの位置も覚えられます。
そして用語も覚え、パソコン音痴を徐々に克服しましょう。

管理者のコメント

管理者の加藤です。
今回も分かりやすく総まとめをしていきたいと思います。
これは誰にも、どのジャンルでも言えることなのですが、やはり興味の無いものにはあまり時間を割きたくはないですよね?まずは興味を持つきっかけを作ることが大切です。
きっかけを作るにはまず「パソコン」を「好きなモノ」に繋げることが出来れば早いと思います。これができたら次のステップですね。そう、タイピングです。タイピングが遅くて結局パソコンを使わずスマホやガラケーに頼りがちになる、と言う方は今の時代では少なくありません。タイピングが上手くなるにはまずは手をどの位置に置いたらいいかをちゃんと知っておく必要があります。用語も同様です。まずは基本的なことから覚えていき、応用に移る。と言うように順序立てて取り組んでいきましょう。一つのきっかけがあなたの飛躍に繋がります。頑張っていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲