HOME » ニキビ » ニキビを改善する方法

乳液でニキビ改善!乳液の驚くべき効果にあなたも続けたくなる!

ニキビを改善する方法

2015年09月03日  

a0001_017260_m

ニキビは乾燥させてしまうと増殖の原因になる

肌が乾燥しすぎてしまうと、、肌のバリア機能が低下してしまいます。その結果、少しの皮脂であっても毛穴に詰まってしまうのです。
この時毛穴に詰まっってしまった皮脂が原因となってアクネ菌が増殖し、ニキビを作る、そしてニキビが結果的に増えてしまうのです。
特に顔の中でも、頬は皮脂の分泌が少ないために乾燥しやすい場所となっていますので、ニキビができやすい場所だと言えるでしょう。

ニキビを減らすために乳液を使ったスキンケアを心がける

以上の事から、ニキビを増殖させないためには、肌を乾燥させてはいけない、つまり、保湿をしなければいけないということが言えます。
そこで、ニキビを減らすために乳液を使ったスキンケアを心がけましょう。
ニキビ肌に有効な乳液ですが、選ぶ際には、保湿成分が配合されているものを選ぶようにすることが大事です。
特にセラミドが配合されたものは、アトピー肌にも良いとされているほど保湿力に長けています。その理由は、保水効果に優れているためです。
さらに、壊れてしまった肌のバリア機能を回復するためにも良いので、セラミド配合の乳液の使用をおすすめします。

乳液がもたらす保湿効果とは

乳液には油分が含まれています。油分は人間にとって不可欠なものです。その乳液に含まれる油分が肌へ保湿効果をもたらし、お肌を潤わせてくれるだけではなく、その潤いを肌に閉じ込めて、肌を良い状態にキープしてくれるという効果があります。
ですから、ニキビなどの肌のトラブルを解決するのにとても役に立つのです。

まとめ

ニキビ肌だから逆に油分は肌に与えてはいけないと思っていた方も多いかと思いますが、実はその逆で、ニキビ肌であっても油分は必ず肌は欲しています。
逆に乾燥させてしまうと、たちの悪いニキビができやすくなりますから、使う乳液をセラミド配合の物にして、ニキビ肌をなくし、きれいな肌にできるようにトライしてみてください。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
要約を書いていきたいと思います。
肌の乾燥が表すサインとして皮脂の分泌低下が挙げられます。
これがなぜ、ニキビに繋がるのかと言うと、答えは「肌バリア低下によるアクネ菌の増殖」です。

そしてここで登場するのが救世主の乳液です。
乳液は肌の保湿を高め、ターンオーバーを正常に戻してくれる作用があります。
そのため、乳液を中心としたニキビのためのスキンケアが流行になりつつあるのです。

最後に補足なのですが、乳液ばかりを使っては「真の効果」を得られません。
そのためには、ニキビケア用品と併合して使用し、浸透力を高めることが重要なのです。
これらを踏まえ、正しく使っていくことによってニキビは次第に改善されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲