HOME » ニキビ » ニキビを改善する方法

ニキビを消すにはコンシーラーを使えばいい?その方法とは!

ニキビを改善する方法

2015年09月29日  

make-up-pocket-case-1415938

コンシーラーに乗せる色は肌色より暗めがベスト

ニキビを隠す時には使うコンシーラーの色が重要です。コンシーラーは、赤みを目立たせなくするように、黄色みがかかったコンシーラーで、肌の色よりやや暗めを選ぶと上手く隠せます。色選びを失敗すると、隠したつもりが反対に目立ってしまいます。肌色となじまないコンシーラーを選んでしまった場合は、その上から、ファンデーションをコンシーラーブラシにとって、重ねづけをしてなじませるようにしてください。

コンシーラーは垂直に持ってはいけない

コンシーラーブラシを肌に平行に持ち、コンシーラーをそっと肌に置くようにつけるのです。絵具で絵を書くように筆を垂直に持ち、ペタペタと塗るようにしては上手くつけられないです。

とんとん叩いて伸ばし過ぎない

隠したい部分にポンポンとつけているうちに、力が入りすぎて指にコンシーラーが戻ってしまうため注意が必要です。

綿棒を使って伸ばすと効果的

使い捨ての出来る綿棒を使いコンシーラーをつける方もいるようですが、綿棒の繊維がコンシーラーについてしまいます。綿棒は、つけすぎてしまったコンシーラーをふき取る時に使う方がいいです。
コンシーラーはニキビをばっちり隠せるという利点はありますが実はコンシーラーは油分が多く、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。また、ニキビがある時、一番注意しなくてはならないことは、ニキビにさわらないことです。コンシーラーを叩きこみニキビを隠すことは、出来てしまったニキビをさわり、悪化させてしまう大きな原因になるため良くありません。そのため、悪化が心配な方にはコンシーラーを使わずにニキビをカバーすることをおススメします。

まとめ

コンシーラーでのニキビを消すポイントは、肌色の暗めの物を選んで丁寧に適度に塗ることが大切です。多少は綿棒などをつかって調整すると効果的です。しかし、コンシーラーでニキビを隠す場合はやりすぎるとニキビの悪化やトラブルにやりやすいので塗りすぎや多用には気をつけてコンシーラーで正しく消すようにするといいです。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

本文で伝えきれていない部分をご紹介していきたいと思います。

まずニキビを隠せてもニキビが悪化してしまうようなものは避けましょう。
目安となるのはミネラル100%と書いてある商品です。
それにメリットとして天然成分を使用しているものは白浮きせず、肌の乾燥も防いでくれます。
特に色むらが出ないのお肌にも良くて一石二鳥です。

そしてやってしまいがちなのが厚塗りです。
「ニキビを隠すのだから厚塗りしないと」と慌ててはいけません。
かえって厚塗りはニキビを目立たせてしまいますので薄く塗りましょう。
そしてメイクする場所は明るいところで行いましょう。
暗いと外に出た時に明るすぎたりしてしまうので注意が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲