HOME » ニキビ » ニキビを改善する方法

ニキビの芯の正しい出し方とは?

ニキビを改善する方法

2016年03月01日  

nikibi-dashikata

ニキビの芯があると、出してしまいたくなりますよね。
ニキビの種類や状態によっては出してしまった方が良い場合もあります。

ニキビの状態を見極めて正しい出し方をすることが大切ですよ。

芯を出しても良いニキビ

赤くなったり、黄色い膿が出ているニキビは絶対に触らないようにしてください。

芯を出しても良いのは白ニキビや黒ニキビなど初期段階のニキビのうち、皮脂が取れそうなほど飛び出ている状態のものだけです。
それ以外のニキビの芯を出そうとすると雑菌が入って悪化したり、跡が残ってしまうので注意してください。

ニキビの芯を出すためには専用の道具が必要

ニキビの芯を出すときは、面皰圧子と呼ばれる道具が必要です。
ニキビの芯をこの道具で押し出すことになります。

爪などで押し出してしまうと、ニキビ以外の部分が傷んでしまうので悪化やニキビ跡の原因になってしまいますよ。
数百円程度で手に入りますので、ちゃんと専用の道具を用意しましょう。

ニキビの芯の出し方

ニキビの芯を出す時は事前に入浴をして、皮膚を柔らかくしておきましょう。
そうすることで芯を出しやすくして、肌のダメージを最小限に留めることができます。

お風呂でしっかりと洗顔しておくことも大切です。面皰圧子も洗っておきます。
お風呂上がりに面皰圧子で軽くニキビを押すと芯が抜けてくれます。
簡単に抜けない芯は無理に取らないようにしましょう。

芯を抜いた後は再度軽く洗顔します。
抜いた後の穴から雑菌が入らないように、絆創膏を貼って眠ると良いですよ。

赤ニキビや黄ニキビは皮膚科で処置

赤ニキビや黄ニキビに芯があると痛みが出ることが多く、芯を抜いてしまいたくなりますね。
ただ、それらのニキビを自分で処置しようとすると雑菌繁殖によってさらに悪化して炎症を起こす可能性が高いです。

赤ニキビや黄ニキビに芯がある場合には皮膚科を受診して、専門医に処置してもらうようにしましょう。

まとめ

気になるニキビの芯を抜く時にはニキビの状態の応じて正しい処置をすることが大切ですね。
正しい処置をしないと、ニキビが悪化したりニキビ跡が残ってしまうなど悲しい結果になってしまいますよ。

白ニキビや黒ニキビは適切に芯を抜いておくことで、早くキレイに治すことができそうです。
正しい芯の抜き方をマスターして、早く美肌を取り戻しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲