HOME » メンズスキンケア » メンズシャンプーで頭皮のケア

ドライシャンプーの使い方をご紹介!悩みだった頭皮のベタつきもこれで解消!

メンズシャンプーで頭皮のケア

2015年06月19日  

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_l

べたつきが多いのは皮脂の過剰分泌による脂性肌が原因

頭皮がベトつくのは、分泌される皮脂が原因です。
頭皮は人体の中でも一番皮脂が多い場所で、キレイに落としきるのは大変です。
どうしても皮脂が残ってしまい毛穴に詰まり、雑菌などが繁殖してしまいます。
それを落とそうと力を入れ過ぎると頭皮を傷つけ、その傷から頭皮を守ろうと皮脂がさらに分泌されて
脂性肌になっていくという悪循環になってしまいがちです。
これが頭皮がベトついてしまう主な原因と言われています。

ドライシャンプーとは?

そこでお勧めしたいのが、ドライシャンプーです。
ドライシャンプーは水を使わずに洗髪できるシャンプーで、アウトドアが趣味の方なら
すでに知っているかもしれません。また入院中に入浴できないので使ったことがあるという人もいるでしょう。
スプレータイプや粉末タイプ、泡タイプなどメーカーにより様々な形状のドライシャンプーが販売されていますが
なぜドライシャンプーが注目されているのかといえば、実はセレブたちの間では「洗髪は2、3日に一度にして普段は
ドライシャンプーを使う」のがメジャーであることから、ドライシャンプーに注目されているのです。

ドライシャンプーの効果的な使い方

セレブ流のやり方はいいけど、どう使えばいいの? と疑問に思うでしょう。
これからやり方について説明します。
ドライシャンプーは様々なものがありますが、使い方はどのタイプでも同じです。
まず、ドライシャンプーを髪の毛全体になじませます。
次に指先で円を描くように頭皮をマッサージします。マッサージというと力みすぎる人もいるでしょうが
指先を軽く頭皮にあてて、円を描くように撫でる感じでマッサージすると肌を傷つけずに済みます。
最後に、丁寧にブラッシングして整えてあげれば、それで終了です。

ドライシャンプーのメリットとデメリット

ドライシャンプーは水を使わないので、急いでいる時や外出先などで手軽に使えますし
使い方もヘアトニックに似ているので、そう難しいことはないでしょう。
また、通常の洗髪後、ドライヤーを使うことが多いと思いますが、ドライヤーの熱による
髪の毛の傷みを心配する必要もなくなります。
ただ、普通のシャンプーに比べると香りが弱いので頭皮のニオイが気になりやすいのがデメリットです。
しかし、普段使っているシャンプーとドライシャンプーを交互に使うことで、そのデメリットを
解消することができます。

まとめ

注目を浴びつつあるドライシャンプー、いかがでしたか?
頭皮のベタつきは脂が原因ですが、だからといって無理に落とそうとすると
却ってヒドイ結果になります。
ドライシャンプーを使うことで余分な皮脂を落としつつ、頭皮を傷つけず
必要な皮脂を残すことで頭皮や髪の毛を守ることができます。
必要な皮脂が残りますから、ニオイが気になりやすいですが、その欠点も工夫次第で
カバーできます。頭皮のベトつきでお悩みなら、ドライシャンプーを試してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲