HOME » 男の恋愛テクニック » 犬系女子診断

恐ろしい犬系女子の特徴

犬系女子診断

2016年02月17日  

osoroshii-inukei-joshi

○○系女子と言う言葉の先駆けになった犬系女子。ツンデレタイプの猫系女子との対比としてよく使われる言葉ですよね。
『忠実で自分だけを愛してくれて、尽くしてくれる…』一見悪いところがなさそうですが、実は犬系女子にはこんな特徴もあります。

とにかく嫉妬深い

犬系女子は彼氏を一途に愛します。しかし、それ故とにかく嫉妬深いです。
少しでも他の女性に目を奪われようものなら、「私って魅力ないのかな…。」としょんぼり。
もしくは「私だけを見て!他の人は見ないで!」と直接彼氏に言うことも。
分かりにくくて扱いやすいという人もいるかもしれませんが、とにかく嫉妬深くやきもち焼きなので、彼女と付き合っている間は、女性の友達と遊ぶことさえできないでしょう。

いつも私にかまって

犬系女子はとにかく一緒にいたがります。いつでもどこでもどんな時でも。
寂しいと犬が飼い主を呼ぶように、連絡も頻繁にしてきます。
でも、いつでもかまってあげられるわけではありませんよね。
本当に忙しい時もあるし、心に余裕がないときもあります。
仕事や用事が立て込んでいて忙しい時には、こういった犬系女子の行動は負担となるでしょう。

大好きアピールがすごくて、場合によっては重い

犬系女子はとにかく尽くします。それはまるで飼い犬と飼い主の関係のよう。犬が飼い主のことが大好きであるように、彼女は彼氏のことが大好きなのです。
しかし、男性は尽くしてくれる女性が好きな反面、あまり介入してこられると鬱陶しくもなるもの。
このあたりをしっかりと理解してもらっておかないと、時に犬系女子は一人で暴走します。彼氏はそんなこと望んでないのに犬系女子がひたすら尽くす、そしてお互いの温度差ができるという、誰一人得をしない悲劇を生んでしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?犬系女子の恐るべき特徴についてまとめてみました。
犬系女子は、”とにかく尽くしてくれる女性が好き!”という男性にとってはベストパートナーとなるでしょう。
しかしそうでない男性にとっては、あまりの熱意に地獄の日々を送ることになる…なんてことも。
恋愛は何事も相性です。相性がばっちり合えばベストパートナー、合わなければ愛情が重くひたすらウザい、それが犬系女子なのです。
あなたは犬系女子、好きですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲