HOME » 恋愛 » 告白が成功する方法

告白に失敗してもその後に挽回できる方法

告白が成功する方法

2016年01月14日  

kokuhaku-shippai-bankai

告白に失敗した人が挽回する方法、ポイントは以下の4つです。

1:なぜ失敗したのか把握しましょう

まず、失敗した原因、理由について自己分析するところから始めましょう。
相手が自分のようなタイプをまったく相手にしていなかったというケースもありますが、そうでないケースも少なくありません。
たとえば、相手も自分に好意を持っていたけど、今現在つきあっている人がいるため失敗した。
また、相手が仕事や勉強に集中している時期に告白したために失敗した。
更には告白の仕方自体に問題があったというケースもあるでしょう。
いったい何が原因で、相手が「NO」と答えたのか。
考えられる原因を、一度洗い出してみましょう。

2:さらりとメールしましょう

失敗を把握した上で、できるだけ早い段階でさらりとメールしてみましょう。
コツは「変なこと言ってごめんね」とさらりと謝り、普段通りのメール内容にすること。
つまり、メールのメインテーマは別のものにして、その前口上として「告白したことについての謝罪」と盛り込みます。
こうすれば相手は、告白したこと自体を軽く受け止めることができます。
そのことによって、少なくても今までの関係を悪化させることにはならないのです。

3:いつも通り接する

その「今までどおりの関係」を継続させるためには、「いつも通り」を貫くことが大切です。
挨拶から、普段のコミュニケーション、すべて、告白以前とまったく変わらない関係を保ちましょう。
相手に安心感を与え、フランクな関係が保つことで、一度リセットできるのです。

4:何度でもデートに誘う

その上で、何度でもデートに誘いましょう。
多くの人は告白して断られると、しり込みしてしてしまいがち。
しかし、相手の気持ち、感情は日々刻々と変化します。
少なくても、変化する可能性はゼロではありません。
ですから、繰り返しデートに誘うことによって二人の関係をつなぐことができ、あるタイミングで相手の気持ちがこちらに傾くことも十分にありえるのです。

まとめ

告白して断られた相手から、最終的に「OK」をもらうための挽回法についてお話ししてきました。
ポイントは、「失敗の原因の把握」「さらりとしたメール」「いつも通りの接し方」「積極的なデートの誘い」の4つです。
最初の1つ以外は、意外に感じる人が少なくないでしょう。
しかし、あとの3つはすべて「関係性の継続」を意図したものであって、成功に導くためには不可欠なポイントだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲