HOME » リフトアップ » 顔のたるみ改善

顔のたるみを消すためのスキンケアとは

顔のたるみ改善

2015年09月26日  

DG006

顔のたるみを抑えてくれる成分とは

顔のたるみに効くのは、ビタミンC、ビタミンE、そしてコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどで、レチノールは肌代謝を上げる効果があります。
すると真皮層の働きが活発になるからコラーゲンが大量に作られると言われていて、顔のたるみに効果を発揮します。
また、ビタミンCは肌老化を防ぐのに優れており、肌に浸透することが効果があるとされています。基本的には果物などで内側は摂るといいです。
ヒアルロン酸は、高い保水力を持ち、肌の柔らかさ、なめらかさ、水分を保つ作用のあるヒアルロン酸。もともと体内で生成されていますが、加齢で減少する成分でもあります。
コラーゲンは、肌のハリ、潤い、弾力に大きく関わる成分。不足すると肌のターンオーバーが乱れ、たるみはじめさまざまな肌トラブルを引き起こす元となります。

日焼け止めで紫外線対策をする

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。そのため夏場だけではなく、適度に日焼け止めクリームなどで紫外線対策をするのが望ましいです。

乾燥肌を改善するために保湿クリームを使う

角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。
そのため、洗顔後や入浴後などには保湿クリームを塗って乾燥対策をする必要があります。

まとめ

顔のたるみを改善するための成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC、ビタミンB群などを含んだ化粧水などを使うことがポイントです。また、紫外線や乾燥も肌のたるみの原因となるので日焼け対策にクリームや乾燥に保湿クリームなどを塗って気をつけなければいけないです。きれいな素肌を手に入れるために毎日取り組むことが大切です。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

室内でも紫外線対策
皆さんは出かけている間は日焼け止めを塗っているかと思いますが、室内では塗っている人はほとんどいないのではないかと思います。
でも実は紫外線は窓から入ってくる、と言うのをご存知でしょうか。
なので、室内でも薄塗りで良いので紫外線対策をしておきましょう。

ワンポイントアドバイス
本文に書いてある、日焼け止めや、保湿クリーム以外にしわにハリを持たせるため、「美容液」を使っている人も少なくはないかと思います。
ここで美容液を選ぶ際の目安となるのは「濃度」と言うのを覚えておきましょう。
基本的にパッケージの裏や、下部に「100%植物由来」など「化合物配合」などが書いてあります。
ここでは「100%植物由来」の方を指します。これが記載された美容液が一番肌に効果があるとされているので、是非見分けるポイントとして、知っておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲