HOME » リフトアップ » 顔のたるみ改善

引き締まった美顔を手に入れよう!

顔のたるみ改善

2016年02月03日  

hikismatta-bigan

■引き締まった美顔は健康の証

ここで言う引き締まった美顔とは、張りがある若々しい顔のことを指します。

人間の第一印象というのは、顔で決まります。
肌年齢は若ければ若いほど、たるみがない引き締まった顔のほど、健康的で第一印象が良い人なのではないでしょうか。

引き締まった美顔は、健康的な生活を送れば必ず手に入れるもの。
日々の生活にちょっとした意識と努力であなたの第一印象を良くし、若々しく見られることが可能です。

■美顔トレーニング

【二重顎を解消】

顎のラインがしっかりするだけで小顔に見えます。
横顔は意外と見られている部分なので、二重顎を解消してシャープな顔立ちを目指します。

1.舌を思いきり前に出し、舌先を上に向けます。
2.そのまま顔を上げて天井を見ます。
3.舌をしっかりと上に伸ばして10秒キープ。

これを2セット行います。

【たるみを解消】

ほっぺのたるみは、ほっぺの筋肉の低下が原因です。
毎日ガムを噛んでいるだけで充分鍛えることができます。
しかし、もっと専門的な効果抜群のトレーニング方法がこれです。

1.舌先を使って上の歯茎の左側から右側へスライドさせ、更に右下の歯茎へ移動させ左下までスライドさせます。
2.その後また左上と移動させぐるぐると円を描き、舌で歯茎をなぞるようにします。
3.一周を一回として25回行い、終わったら逆回転で25回まわします。

これを一日に2回行ってください。
コツはゆっくり大きく回すことです。

【ほうれい線を解消】

ほうれい線も筋肉の低下が原因です。
こちらも効果絶大のトレーニングなのでぜひ活用してみてください。

1.両手の人差し指を口の端に引っ掛けるように口の中に入れます。
2.口の中の筋肉をほぐすように下から上へ動かし、ほっぺの筋肉をほぐします。
3.親指の腹と曲げた人差し指で頬をつまみ、外側から内側へ円を描くように回し、弛んだ頬を引き締めます。
4.指を取り、口を思いきり膨らませたりすぼめたりして、内側からほうれい線を伸ばします。

これを一日3セット行ってください。

■美顔スキンケア

【全ての基本は洗顔から】

様々なスキンケア商品が存在していますが、その効果は様々です。
しかし、これらの効果は正しい洗顔方法で全て賄えると言っても過言ではありません。

正しい洗顔方法で汚れ・老廃物をしっかりと落とすことで、古い角質が自然に剥がれ落ちます。
逆に正しい洗顔方法をしなければ、老廃物が肌の表面をふさいでしまい、古い角質が剥がれずにどんどん蓄積されて厚くなってきます。
この厚みこそ、肌荒れの全ての原因です。

正しい洗顔はシミを防ぎ、肌の透明感を与え張りができてきます。
これこそ、天然の美顔と言えるのではないでしょうか。

【正しい洗顔方法】

洗顔での一番のポイントは擦りすぎないこと。
摩擦がおきてしまって逆効果なので、このポイントを踏まえた上で正しい洗顔方法を身につけてみてください。

1.まずはぬるま湯で顔を軽く洗います。
ぬるま湯で洗うことで毛穴を開き、汚れを落としやすくします。

2.洗顔料を良く泡立てることで摩擦を軽減させます。
肌と手の間にクッション代わりだと思ってください。

3.肌は直接こすらずにやさしく洗顔します。
皮脂の多い「Tゾーン」からこめかみに移動し、次に黒ずみになりやすい「鼻」です。
そして次に「頬」を洗い、最後に「目」や「口」を洗います。
ポイントは優しく泡を転がすように洗うこと。

4.ぬるま湯でしっかりと洗い流します。
手を上下に動かさず、ぬるま湯を「付ける」という感覚で30回はすすいでみてください。

5.タオルで顔を拭く際も、こすらずにタオルに水分を吸収させる感覚で拭いてください。
タオルを押し当てるような感覚です。

【正しい保湿方法】

保湿のタイミングはお風呂からあがった直後がベストです。
水分を含んでしっとりしているように感じますが、これは勘違いです。

お風呂の直後は水分をキープできず、肌からどんどん蒸発していく状態。
放っておくとすぐに乾燥してしまうので、お風呂からあがったらすぐに保湿してあげてください。

化粧水、クリームは手やコットンを使う際も絶対にこすってはいけません。
じっと押し当てて肌の奥まで浸透させてあげてください。
決してパシャパシャと叩くように水分を与えないでください。

■肌荒れ対策

【肌荒れの原因を考える】

肌荒れを感じた時は、何かと薬に頼りがちです。
皮膚科の薬やサプリメントなど。

しかし、何故肌荒れが起きているのかを根本の原因を考えた方が良いかもしれません。

不規則な生活や、偏った食事、ストレスなど。
日々の生活を見れば、その原因が潜んでいるかもしれません。
薬品や健康食品に頼る前に、まずは自分の生活環境を整えることをおすすめします。

【美肌効果抜群のビタミン】

ビタミンはお肌にとってどの薬よりも効果的だと言えるでしょう。
食事から摂取するビタミンはお肌にとって栄養そのものです。

ニキビにはビタミンCが最適。
ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えることで、毛穴の詰まりの原因を予防します。
ビタミンCを多く含む食品は、赤ピーマン、アセロラ、パセリ、レモン、ピーマン、ブロッコリーなどなど。
ニキビ肌に困っている人は野菜をたっぷりと摂取してみてください。

吹き出物にはビタミンB群、乾燥などの肌荒れにはビタミンAとビタミンはお肌の救世主です。

【充分な睡眠】

睡眠不足はお肌の大敵と聞きますが、なぜそのように言われるのでしょうか。

まず、一番の原因はお肌の活性化は睡眠中に行われるからです。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、筋肉、骨、内臓器官などの発育に関わる重要な役割を持っています。
もちろん、お肌の調子を整えるにも成長ホルモンが必須です。

睡眠不足は成長ホルモンが働かなくなり、全ての成長を止めることから大敵とされているわけです。

実は就寝時間も大事ですが、睡眠の時刻も重要。

成長ホルモンの分泌量のピークは、睡眠に入った直後から3時間と言われています。
また、ターンオーバーが活発に行われる時間帯は22時から深夜2時まで。
つまり、たっぷりと睡眠を6時間取っても就寝時刻が真夜中の2時過ぎでは意味がないということになります。

【まとめ】

引き締まった美顔を手に入れるには、ちょっとした意識と体操で手に入れることができます。
実年齢よりも若く見られるための一番わかりやすいパーツが顔だと思います。
エステや薬品を愛用する前に、手軽に自分で始められるエクササイズをおすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲