HOME » くせ毛 » トリートメントでくせ毛改善

男のくせ毛トリートメント活用法

トリートメントでくせ毛改善

2015年09月18日  

DF141

なぜくせ毛になるのか

くせ毛の原因はおよそ5種類が考えられます。
「親(特に母親)からの遺伝」「毛根の形が正常でない」「思春期に多くみられるホルモンバランスの変化」「血行不良」、そして「毛穴の汚れ」です。
このうち、遺伝や毛根の形の異常は先天的なものですから、自分で改善するのはむずかしいでしょう。
また、ホルモンバランスの激変は、思春期の一時期限定のものですから、ここでは取り上げません。
自分で改善できる原因は、ですから「血行不良」と「毛穴の汚れ」ということになります。

くせ毛にも色々な種類があります

くせ毛の種類は、主に4種類。
最近一番多くなっているのが、ごわごわな触感のある「縮毛」。
次に、パーマがかかったようなウェーブ状の大きなくせ毛が特徴の「波状毛」、これは縮毛とちがって、つるつるした触り心地になります。
さらに、一本の髪に太い部分と細い部分が混在し、切れやすい特徴をもった「連球毛」、毛がねじれた状態で、一見ストレートヘアにも見える「捻転毛」。
以上が、くせ毛の種類です。

くせ毛を治すドライヤー活用法

自分でくせ毛を治す、もっとも手軽な方法がドライヤー活用法でしょう。
髪を乾かすときのドライヤーの使い方で、くせ毛を改善することができるのです。
まず、タオルで水分をしっかりふき取ります。
ポイントは、ごしごしこすらず、髪をすっぽり包むようにして、優しく、しっかりふき取ること。
ドライヤーを当てる時は、髪から20センチほど離し、根元から手串を通しながら毛先に向かって風を送りましょう。
熱で乾かすのではなく、風で水分を飛ばしていくイメージです。
髪が乾いたら、冷風で髪を冷やすのが、最後のポイントになります。

くせ毛をシャンプーとトリートメントで治す

くせ毛改善にさらに有効なのが、シャンプーとトリートメントを活用する方法です。
最初に、くせ毛の原因として「毛穴の汚れ」を紹介しましました。
老廃物や皮脂の汚れが毛穴をふさいでしまい、そのために毛が曲がったりねじれたりして生えてしまうケースが大変多くなっています。
ということは、その汚れをきれいに落とすことができれば、くせ毛が改善されるわけです。
おすすめなのは男性用のスカルプシャンプー。
これを使うと、男性の強い皮脂汚れもきれいに落とせます。
さらに、トリートメントを使うと効果的です。
「イクエイブ ツーフェイズ」というトリートメントがおすすめ。
これは酸性のトリートメントで、髪の収斂作用によってキューティクルを引き締めてくれる働きがあるのです。
ドライヤー活用法とあわせると、大きな効果が期待できるでしょう。

まとめ

くせ毛改善のためのおすすめ方法を紹介しました。
くせ毛にはいくつかの原因がありますが、特に多くなっているのが「毛穴の汚れ」です。
専用シャンプーでその汚れを洗い落とし、さらにトリートメントとドライヤーを活用するのが、誰でも自宅ですぐに試せる改善法ということになります。
他の原因の場合でも、トリートメントとドライヤー活用法は効果が期待できますので、くせ毛に悩む方は試してみてはいかがでしょうか。

管理人のコメント

管理人の加藤です。
他にも良い方法がありますので追加していこうと思います。

くせ毛はトリートメントの跡にドライヤーをかけると効果的と言われています。
ですが更に効き目が大きく出るのはヘアアイロンです。ヘアアイロンは髪の性質やヘアーに合わせて使うものを変えていくことによって、自分の望んだ髪が手に入ります。
なのでいくつか種類を持っておけば自由にヘアスタイルを変えることが可能です。

そして意外なくせ毛の原因が食生活にあります。食生活が乱れていると毛穴が歪み、皮脂が目詰まりを起こしてしまうのです。
そうするといくらトリートメントがくせ毛対策に有効だからと言っても治ることはないでしょう、ですのでまずは自分の食生活を考え、偏った食生活をしていれば改善していってください、そうすることで、トリートメントの力を最大限に発揮することができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲