HOME » くせ毛 » 生活習慣で髪のくせを改善

くせ毛を生活習慣で改善する方法とは?これでもうヘアケアに悩む必要はありません!

生活習慣で髪のくせを改善

2015年06月27日  

673e8c1e6b423891af758da309152767_l

睡眠時間が少ないと十分に髪の毛へ栄養が行き渡らない

髪の毛に栄養が十分に行きわたっていれば髪の細胞は均等な円筒状に成長し、真っ直ぐな髪の毛を伸ばすことができます。
しかし、不摂生な生活をして睡眠不足の状態が続くと血行の流れが悪くなり、頭皮に栄養が届きにくくなるのです。
ビタミン・ミネラル・亜鉛等髪の毛に良い栄養分を摂取し、なるべく6~7時間ほどの睡眠を取って元気な髪の毛を育てましょう。

間食や脂っこいものを控える

甘いお菓子や脂っこいものを取りすぎると過剰に皮脂が分泌され、頭皮の毛穴が詰まる原因となります。
そして、塞がれた毛穴から真っ直ぐに髪の毛が伸びる事ができずくせ毛となってしまうのです。

髪の洗い過ぎは逆に毛根をダメにしてしまうので注意

毛穴に汚れが詰まっている場合もまた毛穴が歪んでいる状態になってしまうため、そこから生えてくる毛も不均等なくせ毛となってしまいます。
しかし、頭皮の汚れを落とそうと強いシャンプーでゴシゴシ洗うとかえって頭皮が痛んでしまい、
ダメージから防御しようと皮脂が過剰に分泌されるので毛根に悪影響を与えてしまいます。

洗髪の際は指の腹で優しく洗うのがポイント

洗髪の時には爪で頭皮に傷をつけないように指の腹で優しく、しっかりと頭皮の汚れを落とすことが大切です。
最初はシャンプーをつけずにシャワーだけで予洗いを行うことが効果的です。
地肌をマッサージするように5分位かけて、頭皮をまんべんなく予洗いできたらシャンプーを行います。
シャンプーは時間をかけすぎると髪や頭皮を傷めるもととなってしまいますので、5分ほどやさしく洗いあげて下さい。

まとめ

様々な生活習慣がくせ毛の原因になってしまうのですが、原因があるという事は生活習慣を見直すことで改善することができると言う事です。
髪に良い栄養を取って十分に睡眠をとることや、頭皮に皮脂や汚れを溜めこまない事等、すぐに効果を期待する事は難しいかもしれませんが
日々の取り組みで少しずつ髪の環境を良くしていくことができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲