HOME » くせ毛 » 捻転毛の改善

捻転毛(ねじれ毛)の改善ってできるの?

捻転毛の改善

2016年01月14日  

nejirege-kaizen-dekiru

捻転毛(ねんてんもう)とは

いわゆる「くせ毛」には、縮毛と波状毛、そして捻転毛があります。
いずれも髪がまとまりにくく、ケアが大変というデメリットがありますがその中でも捻転毛は曲者。
髪の毛の太さが均一ではなく、らせん状にあちこち捻じれている状態なので「髪が全然まとまらない!」ということになりがちです。

捻転毛の改善法1

捻転毛の改善法として、基本になるのがやはり「シャンプー」。
毛穴に汚れや老廃物がついたままにしておくと、そこから生えてくる毛が汚れにじゃまされて、ますます捻じれた状態になってしまいます。
つまり、シャンプーをしっかりしておかないと、捻転毛をさらに増やしてしまうということになりかねません。
シャンプーのコツは、手でじゅうぶんに泡立ててから髪につけることと、頭皮を丁寧に洗うという意識をしっかり持つこと。

さらに、実際の指の動きも大切です。
指先を使って頭皮を細かくもんだり、タッピング(指先で軽く頭皮を叩く)したりしてみましょう。
細かい汚れを落とすと同時に頭皮の血行を良くするので、とても効果的です。

捻転毛の改善法2

シャンプー以外にも、日頃から自分でできる改善法があります。
捻転毛だと、どうしても髪がパサつきがちになるもの。
これを改善するには、乳液タイプのトリートメントやオイルなど、保湿効果のあるものを使うのがおすすめです。
また、シャンプーにも、縮毛改善効果のあるものもあります。
そうした商品を使って、日頃から髪をケアをしましょう。
自分の髪を愛しいたわるという意識を持つことが大切です。

捻転毛の改善法3

自分の努力だけでは、なかなか思うような効果があらわれないというケースも少なくありません。
また、少しでも早く、確実に改善したいという方には専門家のケアが確実です。
一度専門家に相談してみることをおすすめします。
そして、必要に応じてスカルプケアやスチームトリートメントを受ければ、かなり効果があらわれるはずです。
一人で悩んでいるより、専門家のアドバイスを受けるのが改善への近道と言っていいでしょう。

まとめ

多くの人にとって悩みのタネである縮毛。
その中でもやっかいな「捻転毛」についてかんたんに説明し、改善方法を3種類紹介してきました。
改善法をまとめると、「ていねいなシャンプー」「保湿ケア」「プロによるアドバイスとケア」ということになります。
髪が思うようにまとまらないと、一日中気になってしまうもの。
ストレスのもとにもなり、また、勉強や仕事にも悪い影響が出てしまいますから、ぜひ有効な改善法を実践してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲