HOME » 心の病気 » 精神病の治し方

主婦神経症について

精神病の治し方

2016年03月11日  

syuhu-shinkeisyou

主婦神経症候群とは

主婦神経症とは家事や育児などの主婦の仕事を完璧にこなそうと頑張り過ぎてしまい、肉体的・精神的に疲れきって神経症になってしまう状態をいいます。
介護ノイローゼや育児ノイローゼも同じように分類されます。

主婦神経症候群の特徴

主に専業主婦の方に多く、責任感が強くて夫が仕事を頑張っているのに私は…と自分を下に見てしまう傾向にあります。

主婦神経症候群の症状

症状としては自律神経症の一種なので、不眠や頭痛、倦怠感、微熱が続くなどの体の不調から気分が落ち込む、憂鬱などの精神的不調まで様々です。
症状は人によってそれぞれで、ずっと続く人や症状が出たり出なかったりと個人差が大きいのも特徴です。

主婦神経症候群の原因

完璧主義で頑張りすぎてしまう方は、ストレスが溜まっていても我慢してしまう傾向にあります。
ストレス発散するために主婦業を休むことに罪悪感を感じてしまうのです。
すごく真面目で全てを自分で抱え込んでしまい、人に頼ったり甘えたりをしない方が多いですね。

我慢をし続けてしまうと体がストレスをためていることを感じなくなってしまい、体や心に不調となって現れてしまうわけです。

主婦神経症候群の克服方法

とにかく肩の力を抜くことです。
まずはいい意味で手を抜く、いい加減にすることを頑張ってみましょう。
ご主人に助けを求めなくても、話してみることは大事ですよ。

最初は少しずつでいいので、自分はよくやっていると褒めてあげましょう。
一仕事終えたら流行りのスイーツなど、自分の好きなものでご褒美をあげられたらいいですね。

まとめ

完璧主義で頑張り屋さんの方には手を抜くということは難しく感じるかもしれません。
ですが自分を苦しめることで家族にも影響が出てしまっては大変ですよね。

辛そうな顔で一生懸命主婦業をやっているよりも、少しくらい手を抜いて笑顔でいる方がもっと家族が明るくなるはずですよ。
上手にストレス発散することを覚えて、主婦神経症を克服していきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲