HOME » 心の病気 » 精神病の治し方

空の巣症候群の治療方法

精神病の治し方

2016年02月15日  

akinosu-syoukougun

空の巣症候群とは

空の巣症候群とは、ある状況によって、起こる精神状態を言います。
その名の由来は、一生懸命育ててきたひなが成長して、巣立ってしまって、親鳥がからの巣を見ているという状態と人の子育てとその成長した状態を重ねて、そう呼ばれています。

空の巣症候群の特徴

空の巣症候群の特徴は、子供を手塩にかけて一生懸命育ててきた母親が陥りやいと言われています。
子供が成長し親元から離れていってしまい、生きがいを失い呆然とした状態になったり、悲しくて仕方がないという沈んだ気持ちが持続する状態です。
仕事をしている母親でも、同じような状況になることはあるでしょう。

空の巣症候群の治療方法

空の巣症候群になる原因は、まじめに子育てをしてきたという証であるとと共に、子育てを生きがいにしてきたということが言えます。
子育ても大切なのですが、自分の時間を持って自分の趣味や好きなこともしながら、ゆとりを持って、子供と付き合いたいものです。

夫婦間がうまくコミュニケーションが取れていない場合など、子供への注目が強くなるような環境では空の巣症候群に陥ることがあるでしょう。
その克服の方法は、自分の時間を大切にしたり、子供が成長したことへの喜びの方へと気持ちを動かしたりすることです。
子供が巣立っても、また何か親を必要にする時も必ずあるでしょう。
自分の時間ができたことで、新しい自分を発見していくこともよいでしょう。
また、同じような人と気持ちを共有するということも気持ちがわかり合えて、心が晴れます。

まとめ

空の巣症候群とは、精神的な病的な状態をいいます。親鳥がひなを一生懸命に育てて、いざひなが成長して、巣から羽ばたいていくと、親鳥はすることがなくなり、一時呆然とするような状態を人に例えて空の巣症候群という名前がついています。
子育てを一生懸命にした人ほど、この状態になりやすいです。
涙脆くなったり気持ちが不安定になったりという事があります。
その克服方法は、自分の時間が持てるということと子供が成長したという嬉しい気持ちを持つことが、克服のカギになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲