HOME » 健康管理 » 全身鍼治療とは

全身鍼治療のメリットとデメリット

全身鍼治療とは

2016年01月14日  

zensinharichiryou-melit-demelit

鍼治療には主に、慢性的な肩こりなど筋肉の凝りや緊張をほぐし、自律神経の乱れを軽減させ新陳代謝を促す効果があります。
ということで、全身鍼治療とメリットとその裏に潜むデメリットについて、ご紹介していきます。

3つのメリット

そんなに痛くない

どうしても鍼治療と聞くと、「痛い」というイメージがありますが…。
注射で刺されたような痛みではなく、どちらかというと「凝っているところをピンポイントでグーッと押される感じ」。

あの痛気持ちいというか、押されて苦しい感じが一瞬感じるだけで、我慢できない痛みというものはほとんどありません。
(むしろその場合は危険なので、ちゃんと伝えましょう。)

鍼は使い捨て。安心安全

昔は同じ鍼を消毒して使っていたということもあり、衛生面を着にされる方が多いですが、最近の鍼は全て使い捨てタイプになっています。

肩こりから自律神経系の悩みまで解消できる

腰痛肩こりなどの慢性的な筋肉疲労凝りに効くほか、偏頭痛、めまい、不眠症、うつ病、自律神経失調症の軽減にも効果があります。
更年期障害、生理痛、不妊症などの婦人科系の悩み改善にも効果があるので、女性に人気があります。

デメリット

やっぱり痛い時もある…

これは個人差がありますが、けがをする時のような痛みではないとは言え、それなりにチクッとします。
それが苦手な方はどうしても苦手ですし、嫌々治療を受けても良くなるものも良くなりません。
よって、どうしても避けられないデメリットであると言えるでしょう。

まとめ

肩こりや腰痛といった悩みから、ストレス解消や血液循環の改善、自律神経系の精神疾患にも効くと言われる鍼治療。
メリットデメリット、人によっては向き不向きはありますが、鍼は即効性があり1回ですぐ治った!という声もよく聞きます。
1回の鍼灸治療でも十分に効果はありますが、そもそも体質の改善を行うことが根本的な治療につながりますので、定期的に行うことでより健康に、悩みのない体へ改善していきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲