HOME » 血管の病気 » 狭心症の治し方

狭心症の原因はストレスにあった?そのストレスは病気の危険信号です!

狭心症の治し方

2015年10月09日  

heart-1515354

ストレスによる狭心症を労作性狭心症と言う

この労作性狭心症は心臓の冠動脈が萎縮することで起こる病気です。
階段を上った後や、重いものを持った時、興奮した時、精神的活動力が高まると
胸に痛みがはしります。これらの症状は一時的で、安静にしていると症状は
でないのですが、それが原因で放置しておくと心筋梗塞を引き起こす場合もあります。
高血圧、コレステロールが高い、肥満、高血糖、喫煙、家族に心臓病を抱えている
人がいる場合は異変を感じたすぐに病院を受診しましょう。

せっかちで焦りやすい人が労作性狭心症になりやすい?

労作性狭心症は精神の高揚や興奮状態でも併発する可能性があります。
とくにせっかちで焦りやすい人、仕事熱心な人、気性が激しい人は注意が必要です。
強いストレスなどにさらされるため、酒やタバコ、食べすぎが多くなってしまい
動脈硬化になりやすいといわれています。

労作性狭心症の症状

労作性狭心症は階段を上った時や重いものを持った時、精神的に高揚しているとき、興奮状態にある時など
血圧や心拍が上昇したときに心臓に負担がかかり、胸が痛む症状です。このとき、心臓では冠状動脈が動脈の
硬化によって狭くなっています。一つ間違えると心筋梗塞の原因にもなってしまう恐ろしい病気です。
反対に安静時に胸の痛みがあるものを安静時狭心症といいます。こちらは寝ている時や座っている時などに
襲ってくる胸の痛みのことです。血圧が低下し冠状動脈が一時的に痙攣してしまうことで起こります。
就寝時にも発症することが多いため、日ごろから胸に違和感を感じている場合は医師の受診を受けましょう。

まとめ

労作性狭心症の症状についてまとめましたが、ストレスや、食事、生活習慣との因果関係もご理解いただけたと思います。
特に労作性狭心症は症状が一時的な場合もあるため、病院に行かない人も多いかもしれませんが心筋梗塞の前兆の可能性も
ありますので早めに病院を受診し、対策を講じることが必要です。また、日常生活にウォーキングなどの運動を取り入れ
ストレスの軽減、食生活も野菜を中心にするなど、心臓にかかる負担を減らしてあげるように工夫しましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

狭心症を早期に防ぐ方法を2つご紹介します。

まずは自宅ですぐできる方法で、「食事療法」です。
低GI食品を中心に、ビタミン類、ミネラルが豊富に摂取できる野菜を食べましょう。
そうすることで糖質の摂取が抑えられて心筋梗塞に発展する危険性を抑えます。

次は「薬物療法」です。
これは単に内科、もしくは循環器内科を受診し、処方された薬を服用すると言う方法です。
狭心症の段階で抑え、将来的には通常の血管に戻すことを目的としています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲