HOME » 血管の病気 » 狭心症の治し方

狭心症が治る食べ物とは?これであなたも心の悩みが一つ晴れます!

狭心症の治し方

2015年10月08日  

FL106

狭心症の原因とは

心臓を養っている血管が動脈硬化やストレスが原因で細くなってしまい心臓への血液量が激減してしまう事です。こうなるまでにはいくつかの前兆や症状のようなものが表れますが、それに気づかずにいると大量に血液が必要になる運動時や緊張が続く状態が長くなると呼吸が苦しく成ったり胸が痛く成ったりします。狭心症は心筋梗塞の前段階ですから症状が表れたらすぐに医療機関への受診が必要になります。

狭心症を改善する栄養素はアルギニン

狭心症を引き起こす原因は血管にあります。日頃からの食生活に気を付けていても年齢と共に血管は硬くなります。しかも脂肪分や塩分の多い食事をしている人では血管年齢は実年齢を上回っている事がよくあります。こうした血管年齢を年齢相応もしくは若返らせてくれる効能をもつアルギニンを食事の中に取り入れれば日々の生活での不安の払しょくにも繋がります。今まで狭心症を起こした事のない人でも親族に心筋梗塞の既往歴のある人や狭心症を起こした事のある人でも今日から始められる心臓・血管のケアです。

アルギニンが多く入っている食材とは

アルギニンはアミノ酸の一種ですからタンパク質を取るつもりで摂取すると日々の食生活に組み入れやすいでしょう。
特にアルギニンが多く含まれている食材はナッツ類で、アーモンドやゴマ、ピーナッツなどに含まれていますがナッツは他にも油脂が多く含まれているので取りすぎは禁物です。
一般のタンパク質の中では豆腐などを含む大豆製品の他にマグロや豚肉鶏肉、牛肉などにも含まれています。
日頃気づかずに体に取りこまれている食物ばかりです。
いつもの食事の味噌汁に少し鰹節をかけてみたり、マグロをゴマやナッツ類をすり潰して上からドレッシングなどで和えたカルパッチョ風など一手間でアルギニンの摂取量が増えます。

まとめ

狭心症は特別な病気ではなく日頃の生活習慣の結果体に現れる病気の一つで、血管の老化による原因が大半です。日常を見直して血管の為に運動をする事や食事での塩分を減らす事も大切ですが、食材に狭心症を改善する食材を加える事でも狭心症を遠ざける事が出来ます。アルギニンは血管を広げる役割がありしかも血管を掃除してくれる体に優しいアミノ酸の一種です。効率良く取りましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

いきなりではどうアレンジして料理すればいいか分からないと思いますので、「狭心症のための料理」を3つご紹介したいと思います。

豆乳とあさりのスープ
こちらは高血圧・コレステロールが原因となる動脈硬化を防ぎ、狭心症の予防に効果がある健康スープです。

南蛮えび入り里芋のコロコロ団子
心筋梗塞や狭心症の予防の一つが減塩ですよね。理想の1日の塩分摂取量は高血圧の方6g未満、健康な方でも男性8g未満、女性7g未満。これはそれを実現した健康料理です。

トマトとタマゴのコクのめんつゆ炒め
トマトや卵は細胞を若々しく保ったり、脳や神経系の働きを良好にします。ですので狭心症などの予防にもピッタリの美味しい料理です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲