HOME » 血管の病気 » 貧血を改善する食べ物とは

貧血はバナナで改善できる?その方法とは!

貧血を改善する食べ物とは

2015年10月25日  

banana-1407105

バナナの貧血解消効果とは

バナナの固形分のほとんどはでんぷんと果糖です。そこにわずかながらミネラルを含むのですが、バナナにはなんと17種類すべてのミネラルを含んでいます。貧血の予防には赤血球の材料となる鉄分の他、鉄分の吸収を高める銅が必要になるのですが、バナナにはいずれも含んでいるので鉄欠乏性貧血に効果が期待できます。それだけでなく、葉酸も含むので、葉酸不足が原因で起こる葉酸欠乏性貧血にも一役買います。ですからバナナはエネルギー摂取をしながらにして貧血予防もできる優れものというわけです。

豆乳バナナが効果あり

貧血改善の効果を高めるとっておきのバナナの摂り方としては、豆乳バナナがおすすめです。豆乳には鉄欠乏性貧血に効果がある鉄分、タンパク質、ビタミンB群、銅、マンガンを含みます。豆乳とバナナを組み合わせることで、より貧血改善への効果が高まります。作り方は、至ってシンプルでバナナ1本と豆乳100mlをミキサーにかけるだけです。お好みで、貧血対策の効果をさらに高めるきなこやココアを入れるのもおすすめです。バナナと組み合わせることで豆乳独特の臭みも消えるので、豆乳が苦手な人にもおすすめです。

ブルーベリーバナナも効果的

ブルーベリーには鉄分を多く含む他、めまいに効果があるアントシアニンが含まれるので貧血対策に効果的と言えます。ですから、ブルーベリーとバナナの組合せも貧血対策におすすめです。ブルーベリーバナナは、バナナ1本、冷凍ブルーベリー100g、豆乳200mlをミキサーにかけたら出来上がりです。バナナも冷凍しておくとスムージーのような仕上がりになり、そちらもおすすめです。

バナナの摂取の目安

バナナの摂取量の目安ですが、1日に2本までにしましょう。バナナは1本あたり80kcal前後あります。食べ過ぎはカロリーオーバーや冷えの原因となりますので程々にしましょう。

まとめ

バナナには全17種類ものミネラルを含む優れものだということがおわかりいただけたと思います。日頃、外食が多く、朝食抜きで食生活が乱れがちの方も、バナナを朝食に取り入れてみませんか?手軽に食べられるバナナでエネルギー補給もでき、おまけに貧血改善にも役立ちます。見た目も黄色くて幸せな気分にさせてくれるバナナを食べて、貧血知らずの健康的な体を手に入れましょう。

管理人のコメント

管理人の加藤です。

貧血を起こさないために意識したい食生活についてご紹介します。

ファーストフード店など、外食を控えることです。
外食店で出されている食材はタンニンなどが多く含まれます。
そして脂っこい食べ物も鉄分の吸収を抑えてしまいます。
なるべく野菜を中心に取り、尚且つバナナなどの食べ物で鉄分を補いましょう。


Comments are closed.

Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲