HOME » 関節痛 » 筋肉痛を改善する方法

アロマオイルで筋肉痛が解消できる?その方法とは!

筋肉痛を改善する方法

2015年10月07日  

DF196

なぜアロマに筋肉痛を和らげる効果があるのか

筋肉痛は普段使っていない筋肉を動かすことで筋肉内に疲労物質である乳酸が溜まったり、傷ついた筋肉維が修復するときに炎症を起こすことで起こる痛みのことです。アロマオイルの中には抗炎作用、鎮痛作用、老廃物を排出する作用、血行促進の効果があるものがあるので筋肉痛にも効果的と言えます。また、マッサージする動作自体も老廃物である乳酸を早く排出することができるので効果的と言えます。

筋肉痛を和らげるアロマとは

筋肉痛を和らげるアロマオイルとしては、乳酸の排泄や血行を促進するレモングラス、筋肉疲労を緩和し、血行を促進するローズマリー、クールダウンすることでの筋肉痛の緩和や筋肉疲労に効果的なペパーミント、鎮痛、鎮静作用のあるスイートマジョラム、乳酸の排泄促進、筋肉痛の緩和に効果があるジュニパー、筋肉の炎症を鎮めるラベンダーがあります。

自宅でできるスポーツアロマテラピーのやり方

実際にアロマオイルでのケア法を紹介します。まずはトリートメントオイルでのケア法です。材料は筋肉痛を和らげるアロマオイル、グレープシードオイル、マカダミアナッツオイル、スィートアーモンドオイルのうちいずれか1種類を30ml用意します。ビーカーなどの容器にオイルを入れて、そこに先ほど紹介したアロマオイルのうち1種類あるいは数種類をブレンドして計6滴加えて、よく混ぜたら完成です。運動後はもちろん、運動前にもマッサージを行うことで筋肉痛の予防になります。トリートメントオイルを塗り広げ、手の平でゆっくりリズミカルに心臓から遠い部分から心臓方向へさすり、温まってきたらもむ動作も加えましょう。マッサージが終わったら、そのまま付けた状態にしますが、どうしても気になる方は拭きとっても構いません。もう一つ、バスソルトでのケア法も紹介します。天然塩大さじ2に好みのアロマオイルを5滴加えて混ぜて、入浴直前に湯船に入れてよくかき混ぜましょう。筋肉疲労に効果があるだけでなく、香りで疲れも癒やされること請け合いです。

まとめ

アロマオイルを美容目的で利用する人でも、なかなか筋肉痛緩和のために活用する人は少ないのではないでしょうか?スポーツの秋ですからスポーツを始めたり、ハイキングなどを楽しむことで筋肉痛になる人も増えるのではないかと思います。運動の前後のアロマでのマッサージや運動後のアロマバスで、ゆったりとリラックスしながら筋肉痛をケアしてみませんか?

管理人のコメント

管理人の加藤です。

アロマが効果的なのはリラックス効果によるものも多いようです。
アロマを嗅ぐことで脳をリラックスさせ、筋肉を回復させるスピードが上がる、と言う研究結果が出ています。
筋肉痛予防だけでなく美容効果もあると言う面でも人気な理由ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲