HOME » 免疫力低下 » 口唇ヘルペスを治す方法

「口唇ヘルペス」唇に水疱ができたことはありませんか?

口唇ヘルペスを治す方法

2016年03月02日  

Processed with VSCOcam with g3 preset

口唇ヘルペスになったことがありますか?
唇に水疱(水ぶくれ)ができたことはありませんか?
特に唇と皮膚の境目あたりに水疱がいくつかできて、ピリピリ、チクチク痛い感じがする――それは、口唇ヘルペスかもしれません。

口唇ヘルペスになる原因

ヘルペスになる原因は2つあります。

ひとつはヘルペスウイルスが体内にいること。
もうひとつは、体が疲れていること。

このふたつが合わさることで口唇ヘルペスが起こってしまうのです。
明らかな過労のほか、日焼けや発熱、逆に冷えて下痢をする、このようなことも体の疲れを引き起こしています。
月経、妊娠なども、口唇ヘルペスの誘因です。

口唇ヘルペスは感染するのでご注意を

ヘルペスウイルスは感染力が高いウイルスのため、特に家族間の接触感染に気をつけることが必要です。
患部をさわった手にはヘルペスウイルスがついていると思ってください。

手を清潔に保ち、タオルの共用なども避けたほうがよいでしょう。

口唇ヘルペスの治療法を紹介

口唇ヘルペスは、唇のまわりに水疱ができ、皮が破れ、かさぶたができて治るという経過をたどります。
1~2週間で自然に治るのが一般的ですが、病状によっては改善されないこともあります。

はじめての場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてヘルペスウイルスにきく塗り薬を処方してもらうことが必要です。
また、薬で治っても、体の中にはヘルペスウイルスがいるため、疲れにより再発しやすいのが特徴です。

再発した場合は、ピリピリ、チクチクという違和感で口唇ヘルペスであると思ったら、薬局で医療用の薬と同じような作用の塗り薬を購入することができます。
この塗り薬は、はじめて口唇ヘルペスになった人には薬局で販売できない決まりですので、はじめての場合は医師を受診することが必要です。

まとめ

唇の周りに水疱ができたら口唇ヘルペスかもしれません。
ピリピリ、チクチクが気になるようなら、ヘルペスウイルスにきく塗り薬を使いましょう。

また、疲れが大敵ですので、時間に追われたり、夜更かしするような生活習慣は改善したいものです。

飲食物についても、辛いもの、脂っこいものは体の中に熱を生じ、体の疲れを引き起こします。
普段から気をつけて体をいたわってあげてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲