HOME » 人間関係 » 口下手改善

これで脱・緊張!口下手を克服する方法

口下手改善

2016年03月19日  

kuchibeta-kokuhuku

口下手になる原因とは

口下手になる原因は様々です。
生活環境が原因であったり、幼い頃の家庭環境なども原因の一つといえるでしょう。

生活環境が原因だという人は家に籠りがちだったり、一人で行動する機会が多いため、人と話す機会が少なくなり口下手になってしまうのです。

幼い頃の家庭環境の場合一家が揃う事が少なく、家族間の会話が少ない家庭だった場合、口下手になってしまう事があるのではないでしょうか。

口下手といわれる人は増加傾向

今はネット環境やLINEなどの通信機能も充実しています。
言葉を声に出さなくても短い文章のやり取りだけで、会話が出来てしまいます。
身近に友人や知人を感じられる事は良い事とは思いますが、直接人と話す時に言葉を組み立てて何かを伝えるという事が出来無い人が増えてしまっているのです。

言葉を略して話す若者も多くなり、多くを話さずとも会話を成立させてしまう為、沈黙が多くなり口下手な印象がついてしまうのです。

口下手を克服する方法

口下手を克服するにはとにかく人と直接会話をする事が大切です。
学校や会社の休憩時間など人と話す為の訓練をしましょう。

一つ話題をだし、その事について疑問に思う事などを人に問えば、会話は勝手に広がっていくものです。
その会話の中でまた疑問に思う事や気になることを人と話せば口数が増え、口下手は解消されていくでしょう。

また、人から話をふられて押し黙ってしまうような人は人の会話にもう少し興味を持つと良いでしょう。
興味を持てば話の内容がしっかりと頭に入るものです。
それに対して思った事を述べれば沈黙の間も少なくなるでしょう。

まとめ

口下手な人は自分は口下手だと思い込みすぎると余計に話せなくなってしまいます。
もう少し会話に対して柔軟な考えを持ってみましょう。

人の言葉が気になれば質問をしたり、自分が気になることを伝えるだけで、会話は成立していくのです。
自分は口下手だと強く思わず、自信を持ち、落ち着いて口下手を克服していきましょう。必ず解消できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲