HOME » 人間関係 » コミュ力向上の方法

コミュニケーション下手の特徴を知ってコミュ障を脱出!

コミュ力向上の方法

2016年03月10日  

komuheta-dassyutsu

コミュニケーションをとることが苦手なコミュ障には、話下手な「口下手タイプ」や人の話を聴かない「自分ばかり話すタイプ」、異性との関わることが苦手な「異性とまったく話せないタイプ」とあります。
共通してある特徴として、「リアクションがとても薄い」「相槌が下手」「そもそも話を聴いていない」ことがあげられます。

リアクションがとても薄い

会話をする中でリアクションがいいと話が弾みますが、コミュ障をもつ人との会話ではリアクションがとても薄く、「一緒に会話を楽しめているのか?」と気になることがあります。

言葉のキャッチボールが苦手で受け取ることはできるけれど投げることができないので、話が広がらなかったり会話が続かなかったりします。

自分がリアクションが薄いと思う人は少しオーバー気味のリアクションをとることからはじめるといいでしょう。
いいリアクションがあるだけで、会話の起爆剤となります。

相づちが下手

相づちは相手が話しやすくする為の合いの手みたいなものです。
相づちがあることによって「話を聴いてくれている」と思えます。

しかし、「うん」だけの相づちをくりかえすだけでは「本当に聴いてくれているのかな?流されているだけでは?」と思われてしまうことがあるため、「うんうん」「おお」「へぇ~」などを使い分けると、相手も気持ちよく話せます。

また、「うんうん、それからそれから?」や「おお、すごい!」、「へぇ~ そうなんだ」など、相づちプラス感想を入れることによって、会話が盛り上がったり広がったりします。

そもそもお話を聞いていない

人と話している時に、「相手が自分のことをどう見ているか?」が気になって話に集中できなかったり、話の内容に興味がもてずに、他のことを考えてしまうなど、話を聴いていないことも、コミュ障の特徴のひとつです。

人と会話しているのに、目を見て話をしない、相手のほうを向かずに携帯をいじっていることがあります。
相手に興味がもてなかったり、会話の内容に関心がもてない場合に多くみられます。

まとめ

コミュニケーションをとるのが苦手な人は、まずは挨拶からはじめて、些細なことを話題にすると良いでしょう。
がっつりと自分から会話をふらなくてもいいのです。
「いい天気になりましたね」など、こんなちょっとしたことで十分です。

リアクションを大きくとることによって会話が盛り上がり、適度な相づちをうつことで会話がスムーズになり、話が続きます。
相づちと一緒に自分の感想を短くいれると、相手に「聴いている感」を与えることができます。
相手に意見を求められたら、自分の意見プラス質問を加えるなどすることで話を広げることもできます。

「会話上手は聞き上手」といいます。
話すのが苦手であれば、まずは聞くことからはじめましょう。
「会話に参加している」という意識をもち、相手や会話の内容に関心をもつことで、自然と会話のキャッチボールを楽しめるようになるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲