HOME » 人間関係 » 嫌われる人の特徴

「ちょっと付き合いきれない・・・」と思われちゃうイタイ女子のエピソード

嫌われる人の特徴

2016年03月22日  

itaijoshi-episode

学校や職場、合コンに街コンなど女性と出会う場面が多々あるかと思いますが、男女ともにイタイなこの子、、、と感じたことはないでしょうか。

そこで今回は、周りからイタイと思われてしまう女の子のタイプをいくつか挙げてみる事にしましょう。

気合いの入りすぎている女子

合コンや飲み会で、気合いが入りすぎている女子を見かける事があります。

「私、今夜にかけてるの!」とでも言いたげに、バッチリメイクをし香水をプンプンさせて、胸元がガバッ、と開いている洋服を来て、いきなりフェロモン全開でやってくる子。

男子にも女子にも、微妙にシラケられています。

説教臭くなる子

飲み会も進み、みんないい感じでアルコールが回ってきます。
そんな中で回りの男の子を相手に、説教をしている女の子を見かける事があります。

「だからイマドキの男はダメなのよ。私はね、こんなうるさい事言うのは、相手の事を思っているからよ」

捕まった男の子は、神妙な面持ちで聞いています。
内心は、うわあ、イタイ女に捕まっちまったなあ、と思いながら。

身の上話を始める子

誰だって大なり小なり波乱万丈はあるものです。
その苦労話をとくとくと話す子がいます。

「へえ、君、随分と苦労して来たんだねえ」
などと、一緒に飲んでいる男の子に言われたならさあ大変です。
自分の生い立ちから、はたまたご先祖の話まで遡る事があります。

きっと自分の話を聞いた男の子が、「なんて可愛そうな子なんだろう。俺が守ってやらなければ」と思うかも知れない、と期待しているのでしょうか。

確かに女の子の身の上話を聞いて、そう思う男の子は多いでしょう。
しかし、タイミングというものがあります。

泣く子

これはイタイ女の子の代名詞でしょう。
自分の話をしながら泣く。

「私って可哀想でしょう!?」
と訴えているのでしょうか。

誰かの話を聞きながら泣く。
「人の話を聞いて、ここまで感情移入出来るなんて、私って優しいでしょう!?」
と、涙で訴える。

男の人が女の子の涙に弱いというのは本当ですが、逆に重いと感じる人も同じくらいいます。

まとめ

いくつか挙げてみましたが、中には決してイタイ訳ではないものもあります。
タイミングを間違えなければ、逆に強力な武器になるものもあります。

イタイ女の子だと思われないためには、必要以上に自分を飾らず、必要以上に力を入れず、いつもの自分を見せる事ではないでしょうか。
いつもの自分の中に、十分に魅力は隠れているものなのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲