HOME » 人間関係 » 上手い人間関係の築き方

壊れた人間関係を修復する方法!そのために知っておきたい4つのこととは?

上手い人間関係の築き方

2015年06月30日  

CON_binta15103412-(1)

どんなに親しくお付き合いしていても、喧嘩やトラブルが原因でその仲が壊れてしまうことってありますよね。一度壊れた人間関係を修復するためにはどうしたらいいのでしょうか。壊れた人間関係を修復するためにできる四つのことについてまとめてみました。

丁寧に謝る

まず、丁寧に謝りましょう。”謝る”ということは、”自分の否を認め、相手に謝罪する”ということです。喧嘩では片方に理由があることは少ないですが、ここで「自分も悪かったけど、あなたも悪いのよ」と互いに思うから余計にこじれます。なので、絶対に言い訳や相手のことを責めることなく、「自分が悪かった」というスタンスで謝りましょう。

相手を責めない

喧嘩やトラブルにより、相手があなたと距離をおいて離れてしまったとしても、決して相手を責めてはいけません。あなたは「こんなに謝ってるのに!」と思うかもしれませんが、謝罪とは相手に許してもらうためにするものではないですよね。そういった態度では相手を余計に怒らせてしまいます。離れた相手を責めることは絶対にやめましょう。ここで責めてしまうと溝が決定的なものになってしまいますよ。

冷却期間をとる

これは男女関係の復縁などでもよく言われることですが、一定期間相手と距離をとりましょう。いわゆる冷却期間と言うものです。喧嘩をしてすぐというのはお互いに怒りの感情が強く、感情的になり、冷静な判断ができません。その状態で相手と一緒にいることで、より険悪な中になってしまうことも少なくないです。お互いに落ち着くためにも冷却期間を取りましょう。

一から始めるという気持ちで

一度抱いたマイナスイメージというのは、なかなか払拭することは難しいです。信頼関係を築き上げることは難しいのに、崩れるのは一瞬です。仲直りするのではなく、また再び一から信頼関係を築くという気持ちで臨みましょう。

まとめ

いかがでしたか?一度壊れた人間関係を修復するための方法についてまとめました。親しい人であればあるほど、甘えてしまう部分はあります。その結果、決定的な亀裂が入ってしまうこともありますよね。人間関係は一度壊れてしまうと、元に戻すのは簡単なことではないです。でも、かつて二人は深く、親しい関係を築くことができていたはず。真摯な態度で接すれば、相手も再びあなたに心を開いてくれるかもしれません。少しずつ少しずつ時間をかけて、関係を修復していけるといいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲