HOME » 包茎改善 » 包茎のリスク

包茎を治す際の注意点とは?嘘の情報に惑わされないようにしよう!

包茎のリスク

2015年07月01日  

a0001_017477_m

嘘の情改善法に騙されるな!

誤った情報の包茎を治す方法として「余っている包皮を毎日引っ張って伸ばしていれば治る」とか、「接着剤を使い包皮を剥いた状態で保つ」等の情報が多く聞かれます。
しかし、実際はこのようなことを行っても治りません。このような眉唾モノの情報に踊らされ実践したところ、痛い思いをしただけで実際には効果がなかったという方が多くおられるのです。

ペニス増大が包茎改善のカギ

実は包茎の大きな原因の一つに「ペニスが小さくて包皮から出ない」ということが挙げられます。治療する一番の方法はペニスを大きくすることが大事なのですが、そう簡単にペニスを大きくすることはできません。
お金に余裕がある方はペニスの増大手術を受ければ良いですが、この治療法は保険がきかないので、一般会社員には難しい方法です。
しかし自力包茎改善方法であれば、お金は一切かかりません。この方法とは「ペニスが勃起していなくて包皮を剥いても痛くない平常時に、意識して包皮を剥いておく」ということです。
これは気がついた時で構わないので、包皮を剥いた状態を少しでも多くすることにより剥けた状態の癖をつけるのと、亀頭が下着に擦れて刺激を受けることでペニスを大きくする効果を狙うのです。
今まで包皮に隠れていた亀頭は敏感なので、痛かったりして慣れるまで少し大変なのですが、徐々に慣れてくるので少しづつ亀頭が露出した状態を長く保つ事を目標にしてください。
正直、この方法は時間がかかるのですが、1年から1年半くらい意識して亀頭の露出を続ければ、徐々にではありますがペニスを大きくする事が出来て、平常時にも常に皮が剥けている状態に改善する事が出来るのです。

重度仮性包茎の人はクリニックに行きましょう

とは言っても、この方法は「平常時は包皮を剥いても痛く無い」といった仮性包茎に効果のある方法です。
「平常時でも包皮を剥く事が出来ない」「包皮を剥く事ができても痛みを伴う」っといった重度の症状の方は自己判断ではなく、一度包茎治療のクリニックなどで専門医に相談していただいた方が良いと思います。

まとめ

以上、自力包茎改善方法について書かせて頂きました。この治療法のおおまかなやり方は、ペニスが勃起していない平常時に、つねに亀頭が包皮から出ている状態を保つことを心がけて「摩擦の刺激によってペニス自体を大きくする事を狙う」といったことです。
もし、この方法を参考にされて一人でも包茎の悩みから解放される方がおられれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲