HOME » 包茎改善 » 仮性包茎解消

仮性包茎の人が抱えている悩みの共通点とは?気になったらまずは見てみよう!

仮性包茎解消

2015年06月26日  

a0002_010293_m

仮性包茎の人の悩みは多数ありますが、代表的な共通点は以下の4つです。

早漏へのコンプレックスが原因で彼女を作ることに消極的

まず挙げられるのが早漏に関する問題。
仮性包茎の人は亀頭が敏感すぎるため、どうしても早漏になる傾向があります。
早漏というのは多くの男性が悩む問題であり、ほとんど場合コンプレックスにつながります。
その結果、彼女がほしいと思いながら女性に積極的になれないということになってしまうのです。
男性としてのほかの要素は人より優れていながら、仮性包茎のコンプレックスが原因で彼女を作れない男性は少なくありません。

恥垢による臭いが気にってしまう

仮性包茎の場合、ふだん亀頭を包皮が覆っているため、その内側が不潔になりがちです。
包茎の程度にもよりますが、多くの場合、不潔になった内側に垢がたまります。
この垢は「恥垢」と呼ばれますが、たまると異臭を放つようになります。
自分自身匂いが気になりますし、そのためますますセックスに消極的になってしまうのです。
なお、恥垢は放っておくと病気になる危険性もありますから、深刻な問題といっていいでしょう。

馬鹿にされないか心配で性の話になると話題を逸らす

仮性包茎のコンプレックスは女性とのセックスに消極的にさせるだけではありません。
同性との会話でも、セックスの話題にると腰が引けて、消極的になってしまうのです。
ふつうはざっくばらんに会話して楽しむ男性同士の性の話が苦痛に感じられる、これも仮性包茎の人に共通した悩みということができるでしょう。

自分のペニスが小さいのではないかと思う

仮性包茎の人は亀頭部が常に包皮に保護された状態なため、ペニスがじゅうぶんに発達しないというケースが少なくありません。
ふつうはもっとも太くなる亀頭が未発達な、いわゆる「先細り」という状態です。
先細りだと、幹の部分が普通サイズでも、かなり小さく感じられるもの。
そのため「自分のペニスは小さい」と感じ、それがもう一つのコンプレックスにつながってしまうのです。

まとめ

以上、仮性包茎の人が抱く悩みについて、代表的なものを4種類紹介しました。
早漏というコンプレックス、恥垢の匂い問題、同性との会話における精神的苦痛、そしてペニスのサイズに対するコンプレックスの4点です。
多くは精神的な問題ですが、中には「匂い」という物理的な悩みもあります。
どれをとっても男性にとっては大きな悩みばかり。
つまり、「男性にとって仮性包茎はデメリットばかり」ということができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Return to Top ▲Return to Top ▲ Return to Top ▲Return to Top ▲